Category: ピッケのおうち

ピッケのペパクラ(紙工作)「とけい」


時計つながりで、おうちのA4プリンターで印刷して作れる紙工作もつくりました。
ピッケのペパクラ「とけい」(pdf) を、厚手の用紙にプリントして
ピッケのペパクラ「とけい」1
切って、穴をあけて、割ピンやスナップボタンなどで留めればできあがり。
ピッケのペパクラ「とけい」2
「ピッケのつくるえほん」や「ピッケのつくるプレゼンテーション」で作ったオリジナルストーリー(きのうのブログに作例あります)と合わせてお楽しみください。
ピッケのペパクラ「とけい」3
「ピッケのつくるえほん for iPad」(600円) iTunes App Store はこちら>>
「ピッケのつくるプレゼンテーション」は、学校向けWindowsソフトです。詳しくはこちら>>

他にも、紙工作いろいろあります。より簡単なのはこっち。(ただしいずれもFlashなのでパソコンでのみ動作)おはなしの世界と行ったり来たりできて楽しいですよ。

ペパクラ
ペパドルみみちゃん

ピッケのなつやすみカード(ラジオ体操出席カード)2015年版


お待たせしました! ラジオ体操出席カード(なつやすみカード)、今年も用意しました。
img20150713_summercard_1_s
img20150713_summercard_2_s
パソコン画面で、カードの名前を入れます。ここを、「ラジオ体操出席」とすれば「ラジオ体操出席カード」になりますし、他にも、絵日記、朝顔の水やり等 お好きな名前のカードをつくって、夏休みの「毎日続ける」の応援にお使いください。
※注意 パソコン(Win/Mac)でお使いいただけます。(Flashで作成しているのでiPhoneやiPadからは見ることができません)
img20150713_summercard_s
ラジオ体操は、1928年(昭和3年)に逓信省簡易保険局(今のかんぽ生命)によって「国民保健体操」として制定され、NHKラジオ放送で広く普及したものだそうです。
2008年にはじめて「ピッケのなつやすみカード」を作ったとき、本家のカードを1枚手に入れたくてあれこれ調べたのです。でも配布先がなぜ郵便局なんだろう?? 歴史を知って、なるほどでした。かんぽ生命のページに詳しく書かれていますよ。

上の兄弟が学校でもらうのに、下のちびちゃんには無くて困った…という方、この「ピッケのなつやすみカード」をご利用くださいね。

ピッケのなつやすみカードは こちら>>
なつやすみカードの作り方は こちら>>

ピッケのなつやすみカード(ラジオ体操出席カード)2014年版


お待たせしました! ラジオ体操出席カード(なつやすみカード)、今年も用意しました。
Img_20140704__01

夏休み期間は、神戸市東灘区の公立小学校の7/19~8/31を標準としています。
(少し余裕みて、スタンプ欄は7/14から設けてあります)
Img_20140704__02

パソコン画面で、カードの名前を入れます。ここを、「ラジオ体操出席」とすれば「ラジオ体操出席カード」になりますし、他にも、絵日記、朝顔の水やり等 お好きな名前のカードをつくって、夏休みの「毎日続ける」の応援にお使いください。
 ※注意 パソコン(Win/Mac)でお使いいただけます。(Flashで作成しているのでiPhoneやiPadからは見ることができません)
Img_20140704__03

ラジオ体操は、1928年(昭和3年)に逓信省簡易保険局(今のかんぽ生命)によって「国民保健体操」として制定され、NHKラジオ放送で広く普及したものだそうです。
2008年にはじめて「ピッケのなつやすみカード」を作ったとき、本家のカードを1枚手に入れたくてあれこれ調べたのです。でも配布先がなぜ郵便局なんだろう?? 歴史を知って、なるほどでした。かんぽ生命のページに詳しく書かれていますよ。

上の兄弟が学校でもらうのに、下のちびちゃんには無くて困った…という方、この「ピッケのなつやすみカード」をご利用くださいね。

ピッケのなつやすみカードは こちら>>
なつやすみカードの作り方は こちら>>

ピッケのなつやすみカード(ラジオ体操出席カード)2013年版


毎年、6月に入ると「まだですか?」の声が届き始めるラジオ体操カード(なつやすみカード)、今年も用意しました。
Img_20130625__01

夏休み期間は、神戸市東灘区の公立小学校の7/20~9/1を標準としています。
(少し余裕みて、スタンプ欄は7/14から設けてあります)
Img_20130625__02

パソコン画面で、カードの名前を入れます。ここを、「ラジオ体操」とすれば「ラジオ体操出席カード」になりますし、他にも、絵日記、朝顔の水やり等 お好きな名前のカードをつくって、夏休みの「毎日続ける」の応援にお使いください。
Img_20130625__03

ラジオ体操は、1928年(昭和3年)に逓信省簡易保険局(今のかんぽ生命)によって「国民保健体操」として制定され、NHKラジオ放送で広く普及したものだそうです。
2008年にはじめて「ピッケのなつやすみカード」を作ったとき、本家のカードを1枚手に入れたくてあれこれ調べたのです。でも配布先がなぜ郵便局なんだろう?? 歴史を知って、なるほどでした。かんぽ生命のページに詳しく書かれていますよ。

上の兄弟が学校でもらうのに、下のちびちゃんには無くて困った…という方、この「ピッケのなつやすみカード」をご利用くださいね。

ピッケのなつやすみカードは こちら>>
なつやすみカードの作り方は こちら>>

ピッケのなつやすみカード(ラジオ体操出席カード)2012年版


もうすぐ7月。
「ラジオ体操カードまだですか?」のお問い合わせが届きはじめ、急ぎ用意しました。
Img_20120629_1

夏休み期間は、神戸市東灘区の公立小学校の7/21~9/2を標準としています。
(少し余裕みて、スタンプ欄は7/15から設けてあります)
Img_20120629_2

パソコン画面で、カードの名前を入れます。ここを、「ラジオ体操」とすれば「ラジオ体操出席カード」になりますし、他にも、絵日記、朝顔の水やり等 お好きな名前のカードをつくって、夏休みの「毎日続ける」の応援にお使いください。
Img_20120629_3

ラジオ体操は、1928年(昭和3年)に逓信省簡易保険局(今のかんぽ生命)によって「国民保健体操」として制定され、NHKラジオ放送で広く普及したものだそうです。
2008年にはじめて「ピッケのなつやすみカード」を作ったとき、本家のカードを1枚手に入れたくて。でも配布先がなぜ郵便局なんだろう?? 歴史を知って、なるほどでした。
かんぽ生命のページに詳しく書かれていますよ。

上の兄弟が学校でもらうのに、下のちびちゃんには無くて困った…という方、この「ピッケのなつやすみカード」をご利用くださいね。

ピッケのなつやすみカードは こちら>>
なつやすみカードの作り方は こちら>>

なつやすみカード(ラジオ体操カード)2011年版


ピッケの「なつやすみカード(ラジオ体操カード)」2011年版できました。カード名を好きに入力できるので、ラジオ体操以外にも、朝顔の水やり、お手伝い、計算ドリル、絵日記など、お好みで。
Img110630_01

Img110630_02

今年は表4(裏表紙)に「ピッケのおうち」のアナウンスを載せてみました。「ピッケのおうち」があっての各種工作類と気付かれないこと多いようなので。
Img110630_03

夏休みの「毎日続ける」の応援にどうぞご利用ください。

ピッケのなつやすみカード(ラジオ体操カード)は こちら>>
つくり方は こちら>>

まあくんのハチミツ(みんなのひろば)


みきちゃん(6さい)が、まあくんのハチミツをつくってくれました。
Img110613_1png

黄色い花からとって作った色水だそうです。
こんなふうにガラスの瓶に入れると、どこから見ても上等なハチミツ。
こっそりフタを開けて、なめてみたくなります。
(花水だから、少し甘いかな?)

バッグもお手製。アイロンプリントで、こんなにきれいに発色するのですね。ベージュのコットンが身体にやさしく沿って、斜め掛けしやすそうです。これから、みきちゃんのお出かけに、ピッケたちが同行すると思うと、嬉しくなります。

「みんなのひろば」への投稿お待ちしております。
「みんなのひろば」は こちら>>

「手をつなごう」ぬりえ新柄


家族の中で弱っている人をいたわるように
日本中みんなで、傷んでしまった東北の人や地に思いを寄せできることをしたいです。

義捐金の他に私にできることといえば、ピッケ。
でも東北の子どもたちに役立てることなど今はなく
ではせめて、揺れや停電で非日常におかれている首都圏の子どもたちのために。そう思っても、パソコンでは節電に反します・・・。
1週間経ち西日本に移動してきている首都圏の親子も多いと聞き
ひとまず、ぬりえの柄を更新しておきました。
Img110318_1

助けてあげる、でなく助けあおう。
そんな気持ちの「手をつなごう」です。

起動時のピッケのセリフで、何か言わせようとも考えたのですが(「心の中に聞いてほしい気持ちがあったら、お父さんお母さんに聞いてもらおうね」とか)、全部やめていつも通りにしました。

着色せずプリントすれば、色鉛筆やクレヨンで塗れる普通のぬりえにもなります。よろしければご利用ください。

「ピッケのおうち」は こちら>>
※おうちのドアをクリックして中へ入ると、どのボタン押せばよいか等ピッケが案内します。(夜は寝てます)

クリスマスのぬりえ「クリスマスリース」


あと1月で、なんともうクリスマス。早いですね。
クリスマスリースをぬりえにしてみました。
Img101125_1

カラフルにするか、色数絞ってシックにまとめるか
飾りたくなる素敵なリースに仕上げてくださいね。

パソコンであそぼう」から、ぬりえだけ単独でもできますが
ピッケのおうち」の中へ入って、ピッケと一緒にすると、
なお楽しいですよ。ピッケが隣で応援してくれます。

パソコンであそぼう」には、過去のぬりえのラインナップが揃います。
こちらにクリスマスツリーの柄もあります。

おうち遊びの日に、どうぞご利用ください。

ニコこどもクリニック@二子玉川


先月二子玉川に開院したばかりの「ニコこどもクリニック」へ行ってきました。
Img101113_1

院長の本田真美先生も副院長の横山美奈先生も、子育て真っ最中の素敵なママさんです。気軽に子どもの心身の発達について相談に立ち寄れる、街のコミュニティのようなクリニックをめざしているとのこと。

クリニック内は、バギーや車椅子のままで動けるようバリアフリー設計になっています。授乳・おむつ替室や、隔離室もあります。
一般診療とスペースを分けて専門外来があって(入口、受付、会計も別)、感染の心配なく受診できるようなっています。
待合室には、プレイルームや絵本が読めるライブラリコーナー。
Nico1
Nico2
Nico3
Nico4
Nico5
Nico6
Nico7

そのプレイルームの一画に、タッチで遊べるピッケの「リズムのもり」を設置いただきました。
Img101113_3

オリジナルの木製什器に埋め込まれていて、小さな椅子に座って楽しめるようなっています。子どもにちょうどよい高さ、画面は見やすく斜めに。可愛くって嬉しいデス。

院長の本田先生は、おもちゃコーディネーターの資格ももっていらして
待合室のオモチャも、その見識眼で選ばれたものばかり。
例えば、木の砂場。
Nico8

砂に見立てた木製ボールは、ナラ、サクラなど天然木。
塗料を使っていないので、なめても安心。

2階の薬局横のイントレルームも完成間近でした。
Nico9

専門スタッフの指導のもと全身を使って遊びながら、リハビリなどができます。

これは、ニコこどもクリニックのマスコットキャラクター「ニコ」。
Img101113_2

院長先生のダンナさまのデザインだそうです、素敵です。
ぬいぐるみとなって、院内のあちこちに。
Img101113_4

院長、副院長をはじめ、臨床心理士、作業療法士など主なスタッフはみな女性。「チーム」っていう感じで、とても雰囲気良いです。
こんなこどもクリニックが近所にあったら、ほんとに心強いですね。

「ニコこどもクリニック」は こちら>>
家族がみれないとき、病気の子どもを2000円/時間で預かってくれる施設「ニコのへや」もあります。
病児保育室「ニコのおうち」は こちら>>
※ 世田谷区の委託事業へ申請予定で、委託施設になれば2000円/1日になるそうです。委託施設でない今は、小学3年生まで預かることができて、働いていない方でも利用できるそうです。