Monthly Archives: 10月 2016

「ピッケのつくるえほん」ハロウィン絵本ワークショップ @豊橋こども未来館ここにこ

imgピッケのハロウィン絵本ここにこ

10月30日日曜、愛知県豊橋市のこども未来館(愛称:ここにこ)でワークショップをしました。今夏に続いて4回目の開催です。
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-7s
館内はハロウィン一色。
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-15s
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-1s

いつものように贈る相手を決めてつくってもらいました。
アイディアあふれる小学2年生。お父さんへ贈る絵本。
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-8s
とても自由におだやかにお話づくりを楽しんでいました。5歳年中さん。隣で見守るお父さんが、息子さんの語るお話を受けとめ、終始おおらかに笑っていらしたことが印象的でした。お母さんへ贈る絵本。
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-10s
夏にもご一家で参加してくれた6歳男の子は、種をまいて育てたら”おばけかぼちゃ”になったお話。かぼちゃがピッケやまあくんと遊びます。
前回と同じく、今回も贈る相手は幼稚園の先生だそうです。先生のことが大好きなのですね。
scs_taiga_kun_s
「おばけのたね」たいがくん(6歳)

思い思いの場所で録音。
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-6s

発表会。
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-3s
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-13s

参加3回目(妹さんは2回目)の姉妹は、もうすぐ2歳になる末の妹さんへ贈る絵本をつくりました。
「ハロウィンのかぼちゃ」そらさん(小3)

「うさぎちゃんとりすちゃん」ひよりさん(6歳)

いつか3姉妹そろって参加いただける日がきたら嬉しいなぁー。
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-16s

あと2作品ほどご紹介しますね。
「ハロウィンパーティー」なおきくん(小2)

「まあくんとあひるさん」かえでくん(小2)

img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-12s

写真を、Facebookページ「PeKay」でご覧いただけます。

<予告>
来年2月の連休2月11日12日に「デジタルで創ろう!キッズワークショップとシンポジウム in 豊橋」と題して、ここにこにてイベント開催予定です。(市制110周年市民提案イベント。主催:らるご子ども教育研究所、共催:豊橋市、後援:豊橋市教育委員会)詳細が決まりましたらご案内します。年末あたりの「ここにこ通信」もチェックしてくださいね。
img_2016-10-30%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%93-14s

「廃材×物語」クリエイティブリユースワークショップ @神戸KIITO

img_161023_kiito_04

10月23日神戸KIITOで、クリエイティブリユースワークショップしました。
img_161023_kiito_01
午前中は、「廃材×物語」。素材を見て触って「みたてる」ことをしながら、廃材に新しい物語を与えることで、新しい命を吹き込んでもらいました。
img_161023_kiito_02
多種多様な材料を眺め触り選ぶことは楽しくて、大人でもわくわくします。
img_161023_kiito_03
すべて、主に神戸の企業、町工場、お店から(他、大月ヒロ子さんの玉島や、調布からも)、協力を得て提供いただいた廃材です。
img_161023_kiito_08
異素材をとりあわせて作ります。
img_161023_kiito_07

「びょんびょんろけっと」7歳作
img_161023_kiito_04
「ろけっとにのってうちゅうにいこうとしたら ろけっとがこわれたとおもったけど びょんびょんとろけっとがうちゅうのはてまでとんでって かえってきました。」
img_161023_kiito_04_1
バネの具合を何度も確かめます。
img_161023_kiito_06
「ばねボール・ろケット」7歳作。宇宙に行って惑星に使うもの。
img_161023_kiito_06_1
「空とぶうちゅうステーション」1年生作。今は月の辺りにいて、どこへでも行けるそうです。
img_161023_kiito_09
「おにわ」1年生作。友だちのおにわ。いっしょにあそべる
img_161023_kiito_05
こちらは大人。ご夫婦の作。左は馬蹄にたくさんのボタンを貼り付けています。写真立て。右はお子さんのための貯金箱。
img_161023_kiito_10

午後は「ちびっこうべ」の町の解体ワークショップ。子どもたちが、夏休み頃から、売る商品、店舗デザイン等を企画しつくりあげてきた町を今日いよいよ解体します。写真は、先週末、見学させてもらった店開き中の様子。
img_161023_kiito_16
解体作業の前に、大月ヒロ子さんのクリエイティブリユースについて、子どもたちにレクチャ。
img_161023_kiito_12
実際に、分類・整理され魅力的によみがえった「材料」も見てもらいました。
img_161023_kiito_14
「どうして『材料』にみえるのだろう?」と問うと、色や素材で分けていること、その材料の特性に合せて、見やすく並べられていることにもちゃんと気付いてくれます。

自分たちの町(ユメミセ)を、壊すのではなく、大切に分解して、材料に戻す。ていねいに解体中。
img_161023_kiito_13
開始から1時間経つと、町はもう消えかけていました。
img_161023_kiito_15
創ることはほんとに楽しくて、たくさんの学びがつまっています。
子どもたちが、存分に創れる場所や機会をつくり、手を出さず(ただし、ちょっとしたヒントをたまに。)信頼して見守ることは、なにより大事です。

クリエイティブリユースのワークショップ(こどもSOZOプロジェクト)は、12月18日までの金土日曜、まだまだ続きます。詳細と申込方法は「デザイン都市・神戸」のWebからご覧いただけます。(午前回は10-12時、午後回は14-16時です)

追記:
午後の「ちびっこうべ」。「ユメミセ」を解体した子どもたちが、さっそく「分類」していたそう。子どもたちの気質が嬉しくって頼もしいです。それを知らせてくださったKIITO中野さんのお気持ちも。
「ちびっこうべ」のFacebookページのアルバムで写真をご覧いただけます。

未来のくらしモノ語り「ピッケのつくるえほん」ワークショップ @川崎市市民ミュージアム

未来の暮らし

10月15日晴天の日曜日、川崎市市民ミュージアム(神奈川県)でワークショップをしました。等々力緑地の広い敷地内。前庭の黒いオブジェは前衛作品とばかり思っていましたが、あとで調べると「トーマス転炉」貴重な産業遺産と知りました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_01s
今回のワークショップでは、企画展「昔のくらしと道具2016」を糸口に、自分がつくりたい未来のくらしを物語にしました。参加者は近隣の公立校に通う小学生で、大半が3年生でした。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_03s
最初にスライドを使い、道具があり使う人がいて暮らしがあることを思い起こしてもらい、「過去を振り返って未来を考えるよ」と意識づけをしました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_04_%e5%b0%8e%e5%85%a5ppts
皆が生きている「今」は、君たちの祖父母、曾祖父母、曾々祖父母…が、こんな未来をつくりたいと願いつくってきた「未来」。次は皆の番、未来のくらしをどう作りたい? そのヒントを探しに行こう!として、展示を見に出かけました。
目的意識があると、ただ単に「昔は大変だったんだね」「今は便利になってよかった」で終わらず、深く考えます。子どもたちはいつも、大人が思っている以上に、よく聴きよく考えています。

3グループに分かれて展示をみて回り、気づいたことをアイディアシートにメモします。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_06s
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_25s
会場へ戻ってきて、みらいのくらしのアイディアをまとめ、グループ内で発表、友達から質問やアドバイスをもらって、ブラッシュアップしました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_13s
続いて、自分のアイディアを物語にします。より良く伝えるには、誰を主人公にしてどんなお話にするとよいでしょう? 表現の幅を広げたくて、「家」からの定点観察で文明の発展を描いたバージニア・リー・バートンの絵本「ちいさいおうち」を見せました。
ここからはiPadを使います。絵で4見開きを目安に本文をつくり、表紙と裏表紙もつくります。ほしい素材が用意された中に無くても、車、洗濯機、ドレス、自転車、なんでもデジタル積木を組合わせて作ってしまいます。(このアプリには自由描画機能を持たせていません)

次は録音。思い思いの場所で録ります。声の友情出演をしている子たちもいました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_18s
デジタル絵本が完成したら、紙の絵本も製本します。A3サイズなので、いつもよりひとまわり大きな仕上がりになりました。皆を待つ間、手書きで文章を入れた子もいます。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_20s

さいごは発表会。展示でみた昔の冷蔵庫、ミシン、洗濯機、羽釜、ゲーム機などから着想を得たそれぞれの未来を見せてくれました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_22s
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_21s

いくつかご紹介します。
「ちっちゃいうちゅう」まゆさん(小4)

「海はすずしい」なのさん(小3)

「昨夜のワープ」リオピーさん(小3)

「みんな友だち」佑太くん(小3)

「楽しい 未来の洋服屋さん」南々子さん(小3)

「高熱炊飯器の使い方」朋哉くん(小3)

「なんでもおまかせ洗濯機」ゆなっぴさん(小3)

「未来の社会をつくっていくのは君たちだよ、それはとっても楽しみなことだよ」と伝えたくて、ミュージアムの教育普及担当の菅井薫さんと相談して、この企画にしました。2年前の「未来の図書館」を考えるワークショップも同じ企画意図でした。夏の多世代共創ワークショップでも同様の想いを込めました。今の日本の子どもたちが、学力は高いにもかかわらず、自己肯定感や自己効力感が低いことが気になっています。すべてそろった世界に生まれてきたのだから無理もない面もあるかもしれません。でもせっかくこの世に生を受けたのだから、存分に幸せに、自分を大切に思い(うぬぼれるという意味ではなく)自己効力感をもって生きてほしいのです。未来をつくる楽しみな仕事に参加しようと思ってほしいのです。そして、子どもたちが幸せに生きることは、幸せな未来社会を私たち皆でつくっていくことに他なりません。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_23s

川崎市市民ミュージアムは来年度から指定管理となるため、今回のピッケが、現在の市職員の皆さんにとって実質上「最後のワークショップ」となるそうで、それはもう渾身の準備をしてくださいました。力作のサンプル絵本、名札、グループ分けのフラッグ等々。ピッケをアイロンプリントしたおそろいのエプロンまで。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_00s
嬉しくて、私も精いっぱい務めました。

全作品を動画キャプチャをしました。
※ 上記7作品を含む全16作品が順番に自動再生されます。

うまく連続再生されない場合は、直接YouTubeの再生リストから個々の作品をご覧ください。

写真を、Facebookページ「PeKay」でご覧いただけます。

----------------
使用アプリ: ピッケのつくるえほん for iPad
ピッケに関するお知らせやレポート: Facebookページ「ピッケ」
(「いいね!」いただけると励みになります)
----------------