Monthly Archives: 11月 2016

【お知らせ】玉島で過ごすクリスマスへのお誘い


今年も玉島の IDEA R LAB へ出かけます。
クリエイティブリユースの拠点 IDEA R LAB(イデア アール ラボ) は、大月ヒロ子さんが、故郷玉島のご実家をリノベーションしてつくられた 情報拠点+実験室+レジデンスです。去年の冬も、ゆっくりたっぷり温かな時間を過ごしました。( 去年の子ども回の様子大人回の様子 )

今年は、23,24日とまさに”クリスマス”なので、子ども回、大人回とも、クリエイティブリユース+ピッケ絵本づくりをします。クリスマスのギフトにもぴったりですよ。ご参加お待ちしています。
———————————
■ 12月23日(金曜、祝日) 24日(土曜) 10:00-12:30 子ども対象
「クリスマス飾りとちいさな絵本」 

img_%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e5%9b%9e_s

クリスマスのお届け物をつくろう!

IDEA R LAB マテリアルライブラリーには、宝物のような材料がたくさんあります。さまざまな色や形や手触りの材料の中からお気に入りを見つけて、クリスマス飾りを作ります。できあがったクリスマス飾りに、iPadアプリを使って物語を作り、命を吹き込みましょう。おはなしを声で録音してデジタル絵本、印刷して小さな紙の絵本も作ります。さいごは皆で発表会、どんなクリスマスのお話が生まれるでしょう。

できあがったクリスマス飾りと紙の絵本はお持ち帰りいただけます。クロネコ「宅急便コンパクト」(25×20×5 cm)で発送もできます。(実費を申し受けます)

スマホやタブレットを触ったことがないお子さんも、安心してご参加ください。
「ピッケのつくるえほん」は、楽しく簡単に創作できるようデザインされています。

【日時】12月23日(金曜、祝日) 24日(土曜) 10:00-12:30
【場所】IDEA R LAB(倉敷市玉島中央町3-4-5)
http://www.idea-r-lab.jp/
https://www.facebook.com/IDEARLAB
【対象】4歳~小学生
※ 未就学児は親子でご参加ください。
【定員】 8名
【参加費】1,000円(材料費、iPad使用料込み、飲物付)
【講師】朝倉民枝(クリエイター/ピッケの作者)
   株式会社グッド・グリーフ:http://goodgrief.jp/
   「ピッケのつくるえほん」:http://www.pekay.jp/pkla/ipad
【主催】IDEA R LAB(大月ヒロ子)、株式会社グッド・グリーフ
【お申込みはこちらから】http://www.idea-r-lab.jp/?p=5689

※ 当日の様子をスタッフが撮影させていただきます。写真・動画・作品は、主催者のウェブサイト等広報、講演、論文、書籍等に使用させていただく場合があります。後日のメディアによる取材等に対しても予告なく提供する場合があります。以上をご了承の上、ご参加いただきますようお願いいたします。
———————————
■ 12月23日(金曜、祝日) 24日(土曜) 14:30-17:30 大人対象
「ちいさな贈り物とちいさな絵本」

img_%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e5%9b%9e_s

届ける相手に心を馳せながら、IDEA R LAB マテリアルライブラリーにストックされた廃材で、小さな贈り物を作ります。続いて、iPadアプリを使って贈り物に添える小さな絵本を作ります。廃材に手を加えてよみがえらせ、物語を与えることで命を吹き込みます。

できあがった作品と絵本はお持ち帰りいただけます。クロネコ「宅急便コンパクト」(25×20×5 cm)で発送もできます。クリスマスのサプライズギフトにいかがでしょう。(実費を申し受けます)

お茶菓子と温かい紅茶も用意して、ご参加をお待ちしております。

【日時】12月23日(金曜、祝日) 24日(土曜) 14:30-17:30
【場所】IDEA R LAB(倉敷市玉島中央町3-4-5)
http://www.idea-r-lab.jp/
https://www.facebook.com/IDEARLAB
【対象】大人
【定員】 8名
【参加費】3,000円(材料費、iPad使用料込み、お茶菓子付)
【講師】朝倉民枝(クリエイター/ピッケの作者)
   株式会社グッド・グリーフ:http://goodgrief.jp/
   「ピッケのつくるえほん」:http://www.pekay.jp/pkla/ipad
【主催】IDEA R LAB(大月ヒロ子)、株式会社グッド・グリーフ
【お申込みはこちらから】http://www.idea-r-lab.jp/?p=5689

※ 当日の様子をスタッフが撮影させていただきます。写真・動画・作品は、主催者のウェブサイト等広報、講演、論文、書籍等に使用させていただく場合があります。後日のメディアによる取材等に対しても予告なく提供する場合があります。以上をご了承の上、ご参加いただきますようお願いいたします。
———————————
■ 12月25日(日曜) 10:00-15:00
「ラボの燻してクリスマス」
  
【日時】12月25日(日曜) 10:00-14:00
【場所】IDEA R LAB(倉敷市玉島中央町3-4-5)
【対象】23日24日ご参加の方 どなたでも
【参加費】無料 ※ 燻したい食材や飲み物などをご持参ください。
———————————
<宿泊のご案内>
宿泊を希望されるご参加の方には、制作活動を行うアーティストのために用意されたレジデンスをご利用いただけます。施設使用料2500円/ひとり。食事は皆で作り、割り勘です。パジャマと歯磨きセットはご持参ください。宿泊ご希望の方は、参加申込みフォームの住所欄に希望日・IN&OUTの時間をご記入ください。
※ 追記:大人の年齢は厳密に書きたくない場合はだいたいでもOKです(全共通の参加申込みフォームで、子ども対象時には5歳なのか10歳なのかは重要ゆえ、このようになっているようです。すみません~)

<IDEA R LAB への行き方> 倉敷市玉島中央町3-4-5
車の場合、ラボの前庭に停めることできます。参加申込みフォームの住所欄にご記入ください。
最寄駅は、JR新倉敷駅です。JR新倉敷駅から、両備バス(玉島中央町行き)で「玉島中央町」バス停下車徒歩3分。バスの時刻表 土曜日 日曜・祝日
本数が少ないので、バスの時間から逆算して旅程を決めるのがお薦めです。いっそ駅から歩くなら約30分です。
———————————

「ピッケのつくるえほん」ワークショップ @藤枝市立岡出山図書館

ピッケ絵本4歳男の子お父さんと録音

10月29日土曜、藤枝市立岡出山図書館(静岡県)でワークショップをしました。寺社や公園の緑に包まれた落ち着いたたたずまいの図書館です。
img_2016-10-29fujieda_-6%ef%bd%93
兄弟姉妹、家族ぐるみで参加してくれたり、参加者同士が幼稚園や学校の友達で知合いだったり。子どもたちが司書さんと親しく言葉を交わす姿も多く見られ、地域に根ざした図書館なのだなと感じました。

いつものように、最初にプレゼントする相手を決めてからつくります。
img_2016-10-29fujieda_-18s
おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、友だち。自分へ贈るとした子もいました。乗物が好きな弟さんのために「けんちゃんだいすき」と題した絵本をつくった5歳のお姉ちゃんもありました。
scs_%e3%81%93%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e4%bd%9c
おはなしを録音します。小さな子どもたちは保護者と一緒に。
img_2016-10-29fujieda_-1%ef%bd%93
2年生の男の子は、まずメモに書いてしっかり発話していました。
img_2016-10-29fujieda_-16s
続いて、紙の絵本をつくります。
img_2016-10-29fujieda_-9%ef%bd%93
ホチキスで綴じます。お母さんに押さえてもらって、パチン。
img_2016-10-29fujieda_-8s
発表会。5歳女児作「みんないっしょ」の最後の場面「ボールあそびもたのしいな」
img_2016-10-29fujieda_-17s
いちばん気に入っている場面を開いて記念撮影をしておしまい。
img_2016-10-29fujieda_-5%ef%bd%93
ワークショップ終了後、館1階の受付担当者に自分の作った絵本を楽しそうに見せてくれる子どもたちが大勢いたそうです。

完成作品をいくつかご紹介しますね。まず、4歳児さんの2作品。
「うみのなかのいきもの」かんすけくん(4歳)
おじいちゃんとおばあちゃんへ贈る絵本。

「たのしいはっぴょうかい」ほのかさん(4歳)
お友達のみすずちゃんへ贈る絵本。

小さい子たちが感心した4年生の作品です。
「かめさんとばったりあったよ」なのかさん(小4)
おばあちゃんへ贈る絵本。

「きれいなにじ」リコさん(小4)
お友達へ贈る絵本。

今回は、司書の方がネットで見つけて問合せくださったところから始まり、メールや電話での打ち合わせを経ての当日でした。遠方から講師を招くことははじめてだそうで、企画を通すことも実施に至るまでも、さぞご苦労あったことと推察します。IT系を含む準備や当日のファシリテートも万全で心強く、さらに、ウェルカムボードで迎えてくださったり、館長さん自ら駅までお送りくださったり、心づくしも嬉しい限りでした。

いつもの常連さんだけでなく、今回のワークショップのために初めて岡出山図書館を訪れた親子もあったそうです。
この岡出山図書館のような近隣の子どもたちが集う場で、読んでもらったり自分で読むことに加えて、自らも創ることで、言葉や物語に親しむことができたらいいな、さらには物語を通して交流が生まれるとよいなと願います。
たくさんの子どもたちに、おはなしをつくる楽しさ、語る楽しさを届けたいです。大人にとっても、我が子の作品はもちろんのこと、子どもたちの作品を読む/聴くことはとても楽しいですよ。

写真を、Facebookページ「PeKay」でご覧いただけます。