Main Content

「ポストの中から見る」@佐久市子ども未来館

IMG_boy_in_POST_s

佐久市子ども未来館でのワークショップで、浮かんでくるお話をおしゃべりしながら、のんびりゆっくり楽しんでいた4歳の男の子。お話の世界の中に入り込んでいました。
IMG1701saku_制作中_男児4歳s
ご両親も、この先どうなるのか心から楽しんで待つ、良い聞き手でした。息子さんに誘われ物語世界を一緒に旅していらしたのですね。

お家のおはなしです。
IMG_おうちのおはななし_ (4)s
赤色の表紙の理由を尋ねると「ポストの中に居るから」と教えてくれました。 
IMG_おうちのおはななし_ (1)org_s
「ポストの色」だからではなくて、「中に居る」から。
それって、こうゆうことですよね。
IMG_boy_in_POST_s
このままでよかったのですが、確認してみたい好奇心と、そんなすごいアイディア見る人にも伝えたいという気持ちに負けて、「何が見えているの?」と尋ねながら、長方形の積木を画面に置いてみました。
すると、緑色に変えて「山が見えてる」と教えてくれました。
IMG_おうちのおはななし_ (1)s
私が勝手に置いた長方形を「投函口」とすぐ察して、見えている景色はしばらく考えて「山」と。
ほんとに、ひろはるくんは、ポストの中に座っているんだなぁ。たぶん膝を抱えて。

裏表紙は、ポストの中の荷物だそうです。左端のカタチは「バネ」。
IMG_おうちのおはななし_ (6)s
「おうちのおはなし」ひろはるくん(年少) 作
(テキストは、ご両親がひろはるくんの語りを聞き取って入力なさったものです)

空想の世界の中に入り込んでいて、主観の視点でその世界を見ているなんて。
こんな新鮮な驚きをもらえるから、子どもたちが物語を生み出す場に立ちあえることは幸せです。

----------------
使用アプリ:  ピッケのつくるえほん for iPad
ピッケに関するお知らせやレポート:  Facebookページ「ピッケ」
----------------