Category: ワークショップ・展示

キッズプラザ大阪


ひさしぶりにキッズプラザ大阪へ行きました。
去年7月のリニューアルオープン時に見学させてもらって以来なので、
1年ぶりです。

さて、3階パソコン広場にあるピッケのコーナーは…。
Img080630_4
かわらず柱まわりの4台を、ピッケ専用にしてくださっています。
Flash版にしてから、キーボード無しの運用にされているそうで、
テーブルの上もすっきり。

中央ふきぬけ部分には、4,5階をドドーンと貫く「こどもの街」。
Img080630_1
架け橋、複雑ならせん階段、巨大すべり台。
大人でも(私だけか…)迷子になります。

Img080630_3
5階は、人が入れる大きなシャボン玉など理科実験のコーナー、
車椅子で電車の乗り降りを体験できるコーナー、世界の民族楽器を
演奏できるコーナー、ミニTV局スタジオ。

Img080630_2_2
4階は、前からあるキッズマートに加え、リニューアルで新設された
お店屋さんがいっぱいのコーナー、お料理ができるキッチンなど。
3階は、創作工房、コンピューター工房、パソコン広場。
授乳室やベビーカーの貸し出しはもちろん、おもらしシャワーまで。
いたれりつくせりです。

入館料はというと、
大人(高校生以上) 1,200円
小人(小・中学生) 600円
幼児(3歳以上) 300円
少し高いように感じるかもしれませんが(私も最初そう思いました)、
まる1日いても、ぜんぶを体験しきれないくらいの盛りだくさんゆえ、
決して高くはないですよ。
入退場OKなので、お昼は、近くの天神橋商店街で食べるのもよし。
お弁当を持参して館内で食べることもできます。
4階5階に遊ぶところがいっぱいありすぎるので、
閉館時刻になってはじめて、出口のある3階に降りてきて、
ここにもあったんだぁー となりがちです。
3階があることを、どうぞお忘れなく!

キッズプラザ大阪は、日本初の本格的な子どものための博物館。
できて20年以上経ちました。
確かに、キッザニアや日本科学未来館やUSJに比べれば、
ローテクで地味です。 でも、古臭くならないのは、なぜなのでしょう。
シンボルとなっているフンデルトヴァッサーさんの「こどもの街」が、
構造物でもあり芸術作品でもあって、時代の変遷に色あせないこと。
そして、なにより、展示やイベントに、とても血が通っているのです。
伺った日も、夏からのイベント用に、どうすれば、子どもたちに
わかりやすく楽しく遊んでもらえるか、スタッフの方が、
あーでもないこーでもないと、手作りキットを工夫し、作られていました。
館内いたるところ、市民ボランティアの皆さんも活躍しています。
子どものための場所は、やはり何より、支える「人」が要ですね。

関西にお住まいで行かれたことのない方、ぜひ一度おでかけください。
※ 注意
回転率が悪いピッケは、繁忙期(春休み、GW、夏休み)は
片付けられてしまいます。

キッズプラザ大阪のHPは こちら>>

ピッケ@「ファミリオ」2週間


今日は、「お客さん」としてのぞきに行ってきました。

柱に、案内表示が増えていました!
Img080511_2 
気づきにくい奥2台のピッケも、これがあれば
「奥に何かあるのかな?」と思ってもらえます。

Img080511_3
タッチパネル近くに、「おとがでるよ」「タッチしてあそべるよ」
など、わかりやすいポップを追加してくださっていました。
これで「単に映像が流れているテレビ」ではなく、
触れば音が出るんだ ってわかってもらえますね。
Img080511_4
                      保護者向けの説明パネルも。

これまで、狭い密閉棚に入っていたパソコン本体が、
タッチパネル近くに、ガラリ扉の置き場所を作ってもらい
移動していました。
Img080511_5
通風もよく、具合良さそう。

Img080511_6
いろいろ改善いただいて、ピッケも居心地よさそうです。
どうぞたくさんの子どもたちに遊んでもらえますように!

ピッケ@「ファミリオ」7日目


タッチパネル版で遊んでいる子どもたちの様子を見ていて
直したいところが出てきました。

最初の、ピッケが「はじめまして」というところ。
ラストのカラフルな世界とのコントラストを付けたくて
タッチで反応する部分なし、無彩色の世界 としていました。
Img080501_1
でも、「タッチで音がするよ」という触れ込みで、
どこ触っても音がしない というのは、いけませんでした。
皆、どこが鳴るの?と探し回ります。そりゃそうですね…。

Img080501_2
きのこだけは、タッチに反応するようしました。
ドレミファソラシド~です。

同じ最初のシーン、空へ行くコースは、
「はじめまして」「おともだちになってね」の後、
「まあくんにもらったかさがあるんだ」で、すぐ展開します。
池へ行くコースも、おたまちゃんの場合は、水面から顔を出し
「みずのなかへおいで」と誘うので、すぐ次の展開へ。
でも、池コースのまんねんさんは、ゆっくり歩いて登場、
すってんころりん、助けてあげて…
と のんびりな前フリ。
全体尺が10分無い中で、起の部分に取られすぎでした。
池へ行く誘導は、おたまちゃんのみに変更。

閉館後、これらの直しの更新をかけてきました。
これで、だいぶテンポ良くなると思います。
GW後半、少しでもたくさんの子どもたちが来てくれますように!

ピッケ@「ファミリオ」5日目


おとつい作った「自由にお持ち帰りください」貼パネと、
直したハガキ1000枚も持って、朝いちばんで「ファミリオ」へ。

Img080429_1
Img080429_2
よし、これでOK。

Img080429_3
ピッケの説明を、URLとともに掲示してくださっていました。
どなたがしてくださったのでしょう? ありがとうございます!

奥の2台の方へ行ってみると。
Img080429_4 
あァー…、右の1台に「調整中」の貼り紙。
きのうから接続の不良で音が出なくなり、修理依頼中とのこと。
右のは、準備のときからずっと、音の調子が悪かったのです。
早く直してもらえますように。

今日は、久々のオフ。
でも気になるしで、夕方またのぞきました。

さて、このレンガ柄の壁、どこかわかりますか?
Img080429_5
よく見ると、小さなスコープの穴がところどころにあって、
のぞくとメッセージが。
メッセージは、穴のひとつひとつで全部違うそうですよ。
どこにあるか 探してみてくださいね。
(B1フロア内。ヒント:ピッケの近くではありません。)

ピッケ@「ファミリオ」3日目


4/27日曜は、オープン3日目。
居住マンションの理事会がお昼すぎまでかかってしまった!
アセります。やりたいことがあったのです。
大急ぎで事務所へ。

せっかくタッチパネル版で遊んでもらっても、
何かないと、Webで公開してることをお伝えできません。
そこで、URLを入れたハガキを作りました。

Img080428_1
何10回も確認したつもりだったのに、
シマッタ間違えてた!

「キッズライブラリーフードコート プレイ!」
の「フード」を飛ばしてました。
刷りなおすのはもったいないし、仕方ない手で書くか…。
似た色のペンを買ってきて、1枚ずつ。
Img080428_2
Img080428_3
ストップウォッチで時間を計ってみると、1束250枚が20分。
短時間であげたいので、250枚単位で計ってダーッと一気に書く。
1回は500枚。それ以上続けても、能率が落ちるので。
3000枚のうち2000枚は、オープンまでに終わったのですが、
残り1000枚。
晴れた日曜の午後に何やってるんだろう… と思いながらも終了!
百字帳?、写経?、「もうやりません」の反省文?
明らかに、反省文ですね…。
長い名前で、ちゃんと覚えられてなかったのですが、
これですっかり刷り込まれました。
「キッズライブラリーフードコート プレイ!」です。

このハガキを置く場所がなくて、初日は手に持って配っていました。
台にできる備品は無いそうで、自分で手配しなければなりません。
アマゾンのお急ぎ便で、小さなテーブルを2つ購入。
2日目はその上に置いておいたのですが、気づいてもらえなかったり、
もらっていいのかな? という様子だったり。

Img080428_4
貼パネで、「自由にお持ち帰りください」を作り、
直したハガキ1000枚も持って、すぐ行こう!と思ったのですが、
さすがに疲れがたまってきたのか、肩~背中ガチガチで動けません。
無理はしないことにしました。

今日は、事務所で、滞っていた他の仕事の片付け。

「キッズライブラリーフードコート プレイ!」
(もう言い間違えませんよ)のサイトも、めでたく本日オープン!
可愛くて、わかりやすいサイトです。
こっちは、ファミリオのサイト。
どちらものぞいてみてくださいね!

※ 4/29追記
「キッズライブラリーフードコート プレイ!」のHPは
公開延期だそうで、また閉じられてしまいました…。
5/20 再オープン!しました。

ピッケ@「ファミリオ」2日目


本日4/26、タッチパネル版ピッケの2日目です。
朝、絵本コーナー横の2台を立ち上げようと
PC本体が収まっている戸棚の扉に触れると、
ん?… あったかい!? まさか…
戸棚の中は、アチアチのサウナ状態。 
PC2台とも電源が入っていて、もちろん熱暴走で
死んでいます。 ガぁーン!!
深夜に撮影のためにすべて電源いれたそうで、
そのまま朝まで…。
電プチして冷却して、開館時間には間に合わなかったものの
混んでくるまでにはなんとか復旧してくれて、ほっ。
もう1台も、立ち上げがすんなりいかず、バタバタでした。
(大型タッチパネルモニタと本体がかなり離れているので、
 チェック用モニタをつないでクローンにして使っているのが、
 なぜだかPC起動のたび再設定しなくてはならない。)

心配していた人の入りは…。
きのうよりはグンとよかったです。でも大盛況!とは
ご報告できないのが残念。

Img080426_3
午前中の フードコーナー

Img080426_4
入り口すぐの遊びスペースは、ピッケと向かい合わせ

Img080426_1

Img080426_2
誰も触ってないと、単に映像が流れていると思われる。
ひとりが触りだすと、あれ? なんだろ? と集まり始める、の図。

明日からは、完全にスタッフにお任せしたいので、
きのう今日起きたマシントラブル対処の過程を
全てスクリーンショットに撮って(by 吸原さん)、
事務所にとって帰ってマニュアル化(by 吸原さん)。
(きのうの初日は、3往復もしれくれてるのでした。)
私も、打ち合わせを済ませ、ピッケのエラーが起きないかを
見届けて、ダッシュで戻って、吸原さんと分担してマニュアル完成。
ダッシュで8時の閉館時間にすべり込み。
今日が初出のフロアスタッフさんに、ピッケの説明。
これで、やれるコトは全部しました。
あとは、スタッフにお任せします。
スタッフの皆さん、ピッケを どうぞよろしくね!!

ピッケ@「ファミリオ」初日


本日4/25、タッチパネル版ピッケの初日、なんとか終了。
大盛況でした! と書きたかったのですが、さにあらず…。

Img080425_1
B1階入り口です。開店前とはいえ、空いてますねぇ。

Img080425_2
左は、B1階入り口はいってすぐの1台。右は絵本コーナー横の2台。

ハーバーランドの公式ページでは、26日オープンと発表されていたり
あまり宣伝されていなかったようで、いささか拍子抜けではありました。
でも ピッケと遊んでくださった方たちとは、その分ゆっくり話せたし、
その点では良かったです。
後ろに並んでいる子がいないので、長い子は1時間も遊んでくれていました。ママに説得されて、しぶしぶ去るときも、ピッケに盛大にバイバイしてくれていました。

Img080425_3
ママが、ふき出しのセリフをとてもうまく語りにして、親子で楽しんでくださっていました。後ろからでわかりにくいですが、女の子満面の笑みの瞬間です。私も幸せ。

小学校!のときの恩師である石中康彦先生(担任をもっていただいたわけではないのに、大好きな先生)が、奥さんのまゆちゃんといらしてくださいました。ほんとに嬉しかったです。

Img080425_5
楽しみにしていた絵本コーナー。見事な質と量です!
写真右は、北欧4カ国のママさんが選んだ絵本。
フードコートとしてより、私としては、この絵本コーナーが魅力です。

Img080425_4
可愛いユニフォームのフロアスタッフの皆さんに、
あそび方をザッとレクチャーしました。
ふと見ると、ママと離れてひとりでピッケと遊んでいる女の子に
笑顔で使い方を教えてくれています。
すっと膝をついて子どもの眼の高さで話しかけている様子に
感心しました。
フロアスタッフの皆さんは、元気で飲み込みのいい方たちばかりで、
心強いです。 ピッケをどうぞよろしくお願いしますね!

明日こそは、大忙しになること祈ってます!

はじめまして!ピッケです。


はじめまして! ピッケと、ピッケをつくっている朝倉民枝(あさくらたみえ)です。
「ピッケのおうち」という子ども向けコンテンツを、サイトで無償公開しています。

http://kids.nifty.com/picke/
※ 現在のURLは、http://www.pekay.jp/house/ です。

Img070921_2

ピッケはこぶたの男の子。ネット上の小さなおうちで暮らしています。
「ピッケのおうち」を訪ねて、一緒に、かくれんぼ、まねっこあそび、ぬりえなどで遊んだり、「おうち」から「リズムのもり」へ出かけて、森に住む仲間と音楽セッションをしたり。
小さなお子さんを膝にのせて、絵本の読み聞かせをするように、親子で楽しめます。
ぜひぜひ一度、お出かけください。
(初回だけ、画面のよみこみにちょっと時間がかかります。)

はじめてのブログ挑戦。
「コメント」はわかるけれど「トラックバック」ってのが、今いち ?? 。
あと「カテゴリー」も。 タグづけってこと? 自分の中の分類で、どんどん作ってしまっていいのでしょうか。「ピッケ」とか「ワークショップ」とか・・・。
とりあえず始めてみます。
このブログでは、コンテンツやあそび方の紹介、制作の舞台裏、イベントのお知らせ(ワークショップをやってます)等について、書いていこうと思っています。
ピッケともども、どうぞよろしくお願いいたします!