Main Content

「ピッケのつくるえほん」ワークショップ @エリアベネッセ青山


2月15日(日曜日)、エリアベネッセ青山でワークショップをしてきました。お招きいただくのは、昨年11月のオープン時に続いて2回目です。
Img20150215_s_

天井が高く広々としていてくつろげます。
Img_s_141110_3

今回は、午前、午後、それぞれ1時間半ずつ。10人全員の上映会を優先したかったので、紙の絵本を製本するところは、展開図を持ち帰っていただきご自宅でお願いすることにしました。

3、4歳~未就学の子が多く、表紙の文字入れや録音は保護者の方にもお手伝いいただき、にぎやかな時間となりました。

デジタル積木を組合わせて、もくもくと作っています。
Img20150215_s__

兄妹で、ときどきできたところまで見せ合いっこをしながら。
Img20150215_s___2

発表会は、午前はiPadを手持ちで、午後はプロジェクタの大画面で行いました。どちらの回でも、みんな食い入るようにみています。
Img20150215_s__2

Img20150215_s__3

周りで見守る保護者の方たちからも拍手が起こりました。

作品をご紹介しますね。
6歳の女の子 I ちゃんの「おさんぽ」と題したおはなしです。

今日はみみちゃんのお誕生日
おともだちが 集まってきました。

Scs_s_6_01


みんなでお散歩をしました。

Scs_s_6_02

雨が降ってもお散歩をしました。
Scs_s_6_03


今日はみみちゃんと I(自分の名前)のお誕生日。
Scs_s_6_04

「雨が降っても」お散歩をした、というのと、裏表紙の「今日はみみちゃんと I のお誕生日」というところが、特に気に入りました。実は、ワークショップ当日2月15日が I ちゃんの6歳の誕生日だったのです。 I  ちゃん、6歳のおたんじょうび、おめでとう!

3歳の男の子は、1歳の妹のための絵本をつくりました。お母さんにも手伝ってもらいながら完成。発表会では妹さんも、お兄ちゃんの作品を一所懸命に観てくれていました。

エリアベネッセ青山は、全国に500店舗展開予定の「会えるベネッセ」その拠点となる1号店。ゆったりしたオープンスペースで、ベネッセの各種教材を実際に試すことができ、専門スタッフに留学や進路の相談までできるそうです(事前予約要)。先日2/7には、原田泳幸会長兼社長による新商品「BenePa(ベネパ)」の記者発表会も、ここを会場に開催されていました。アクセスは、表参道駅から徒歩5分。246沿い青山学院大学向かいのOVALビル1階。青山ブックセンターもすぐそこの便利な場所です。さまざまなワークショップやセミナーが開かれているので、Webサイトも要チェックですよ。

Img20150215_s__4

写真を、Facebookページ「PeKay」でご覧いただけます。