Monthly Archives: 9月 2018

「ピッケのつくるえほん」ワークショップ @「とりアート2018」(鳥取)


9月22、23日、第16回鳥取県総合芸術文化祭 「とりアート2018」(西部地区)よりお招きいただき、鳥取県米子市で絵本づくりワークショップをしました。
両日とも午前/午後で計4回、会場は7月のプレワークショップと同じ米子市児童文化センターです。週間予報が傘マークで心配していたお天気も大丈夫でした。

早く来てくれた子たちとおはなし絵カードで遊びました。ひいた4枚で即興でお話をつくっているところ。

お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、いとこ、弟や妹、友だち。思い思いの相手へ贈る絵本をつくります。お母さんの妹の1月に産まれる赤ちゃんへプレゼントするという子もありました。

なかにはタブレットを使うのがはじめてという子もいましたが、皆すぐに慣れ、夢中でつくっています。

録音をして

製本。

子どもたちががんばる様子を見ると、つい「あと少し」「もう少しだけ」と全員の録音が終わるまで待ってしまうものだから、時間がおしてきます。そのため発表会はかなりの駆け足になってしまいましたが、保護者の方も一緒に皆で上映を楽しむことができました。

完成した絵本を、最初に決めた相手にプレゼントすることを約束しておしまい。
周りの皆が帰り始める中で、6歳の女の子が「忘れてしまわないうちに」と、一心にお話を手書きしていました。贈る相手はお人形だそうです。

海が出てくるお話や、山に関わるお話(登る、スキーで滑るなど)が多かったのは、土地柄かもしれませんね。これは4歳男の子作の1場面です。「ハート大山(だいせん)」とのこと。

初日夜は、大人向けの講習会をしました。昼間保護者として参加くださった方が家事を済ませ戻ってきてくださったり、初期のパソコン版の時代からピッケを使ってくださっている小学校の先生がはるばる駆けつけてくださったり。明日もある忙しい委員の方までもご参加くださり、ありがたいことでした。

会場内には他にも気になるワークショップがいっぱい。なかでも22日の体験型アート「森まもりの森の中」、23日の「くらやみわらべうた in プラネタリウム」は、チラとセットだけでも拝見したかったのですが、そのゆとりなく2日間が過ぎてしまいました。

とりアート西部地区の委員の皆さんにはプレから本番、何から何までお世話になりました。皆さん本業ある中でのボランティアで、地域の子どもたちのためにと、この活動を支えていらっしゃいます。加えて当日のスタッフとして付いてくださった鳥取大学医学部の女子学生さんたち(アミティー、アッキー、みかちゃん、りーちゃん)が、大活躍でした。次どうすべきか察してスッと動いてくれるし、何より子どもへの寄り沿いが素晴らしかった。彼女たちが将来医療者になるのだと思うと、嬉しく頼もしいです。

子どもたちの作品をいくつか紹介します。

ちょっとシャイな鳥取の子どもたちとの絵本づくり、2日間楽しかった!
ご参加くださった皆さん、お世話になった鳥取西部地区の皆さん、ありがとうございました。

----------------
使用アプリ:  ピッケのつくるえほん for iPad
ピッケに関するお知らせやレポート:  Facebookページ「ピッケ」
----------------

ピッケで数のお話づくり@島田小学校(島根県安来市)


安来市立島田小学校を訪問しました。島田小では昨年度より「ピッケのつくるプレゼンテーション」を導入してくださっています。
今回は岩田健志教頭先生ご指導のもと、1年生のクラスで授業をさせていただきました。このクラスでは、1学期にもいちどピッケを使っていて、今日は2度目にあたるそうです。算数でたし算とひき算を習ったということなので、数が増えたり減ったりするお話をつくってもらいました。

例えば「うっきーが風船をひとつもっていました。まんねんさんからひとつもらいました。そのあと、風でひとつ飛んで行ってしまいました。今いくつ?」といった具合です。

PC教室には、岩田先生の手作りも含め、子どもたちが楽しく学びにむかえる教材がたくさん用意されていて、アイディアと熱意に感心しました。学内で調理されているという給食も美味しかったです。


----------------
利用ソフト: 「ピッケのつくるプレゼンテーション」
※ 学校向けWindowsソフトです。
ピッケに関するお知らせやレポート:  Facebookページ「ピッケ」
----------------

おでかけピッケ@京大附属病院


チャイルド・ケモ・ハウス(愛称:チャイケモ)の井上さん(保育士さん)、川井さん(自立支援員さん)と、京都大学医学部附属病院へ出かけてきました。プレイルームへは4回目の訪問です。


小児科病棟内には、3月に伺った院内学級の他に、ピアノや絵本、おもちゃなどがあるプレイルーム(遊戯室)があります。このプレイルームで、ボランティアグループ「にこにこトマト(愛称:にこトマ)」さんが、入院中の子どもたちとご家族に「楽しく豊かな時間」を届けようと活動されています。患児ご家族が個人で始められた活動が基となり24年前に誕生し、今では2代目の代表 高谷さんをはじめ80人ものメンバーで運営されています。病棟内にボランティア控室があって、そこで皆さん和気あいあい次の計画や準備をなさっています。今日はハロウィンのあれこれを作っていらっしゃいました。

子どもたちそれぞれの体調がありますし、途中お風呂や検査もあるので、中抜けしたり、途中からの参加や途中までとしたり、無理のないペースで進めます。病室のベッドで作ってくれた子もありました。乳児のお母さんがつくられたのは、ご自宅で待つ3歳のお姉ちゃんへ贈る絵本でした。なかには、もっと作りたいと2作品を作った子もありました。

病院を訪問する「おでかけピッケ」は、私ひとりではとてもできず、チャイケモさんとご一緒させていただき、京大病院ではにこトマさん、大阪府立母子保健総合医療センターではスマイルパンプキンさんが快く受け入れ全面協力してくださるおかげでこれまで続いています。ほんとにありがたいです。

子どもたちにとって、お話を作ること自体が楽しいのはもちろん、絵や言葉でお話をつくることで、長い入院生活でがんばっている様々な気持ちを解放することができます。ご父兄にとっても、作品から子どもさんの心の内を垣間見ることができます。
入院中の子どもたちのところへチャイケモの方と一緒に伺います。ご希望ありましたらどうぞご連絡ください。

※ 本活動に、広島の教材販売会社の社長さん(有限会社ワキタ 脇田秀夫様、有限会社ヒロキョー 箱田博司様、有限会社サラダ文教社 皿田弘美様)がチャイケモへ寄付してくださった3台のiPadも活用させていただいております。
チャイルド・ケモ・ハウス(チャイケモ)
2013 年4月神戸に開設された国内初の小児がんをはじめとした医療的ケアが必要な子どもと家族のための施設。患児家族らにより設立、運営されている。医師のいる診療所と患児が家族とともに暮らせる住居がひとつの建物内にあり、家族一緒に暮らしながら治療を受けることができる。

----------------
使用アプリ:  ピッケのつくるえほん for iPad
ピッケに関するお知らせやレポート:  Facebookページ「ピッケ」
----------------

Code4Lib JAPAN カンファレンス 2018@県立長野図書館


9月1、2日、Code4Lib JAPAN カンファレンスで、ピッケの活動紹介をしてきました。
懇親会後の二次会まで参加して2日間を満喫。難解すぎて「??」も多々ありましたが、寺社所蔵の文字資料から当時の人の移動(情報の伝達拡散)が見えたり、面白かった。URA( リサーチ・アドミニストレータ )とか LOD( Linked Open Data )とか 悉皆(しっかい)調査とか、新しい言葉も覚えました。
「長野×図書館」との最初のご縁は、2016年5月に伊那で開催された「信州発・これからの図書館フォーラム」(そのとき書いたブログ)。これがわくわく楽しすぎて、次は「地域のデジタルコモンズ」テーマ回に、松本市中央図書館まで日帰りしたり。そして、今回は発表。情報が行き交う地域のコミュニティとなる図書館で、言葉と物語の創る活動が行われるといいな、そこにITは有効、というお話をしました。写真の黒いのはインパクト大のカンファレンスバッグです。

開催概要 はこちら>>
発表リスト はこちら>>
—————————-
Code4Lib JAPANとは
日本の図書館における情報技術活用の停滞という現実を踏まえ、エキスパートに限らず、一般のライブラリアンに広く門戸を開放することで図書館における情報技術活用を促進し、図書館の機能向上と利用者の図書館に対する満足度向上を目指します。 http://www.code4lib.jp/about-2/ よりの抜粋
—————————-