Main Content

グッド・グリーフ!


事務所の屋号"Good Grief!"(グッド・グリーフ!)は、
よく、グッド・リーフ→はっぱ? とか、グッド・グリーク→ギリシャ?
と間違えられます。
実は、漫画"PEANUTS"の作者チャールズ・M・シュルツ氏の口癖です。
その制作姿勢や世界観にあやかりたくて、あつかましくも
屋号にさせていただきました。
「まいっちゃうよ」「やれやれ」といったニュアンス。
漫画の中で、登場人物のチャーリーブラウンがたびたび口にしますが、
一般にはあまり使われない言葉だそうです。
でも、とってもシュルツさんらしいコトバ。
作品の根底にも、"Good Grief!" な空気が流れていると感じます。

子どもの頃から"PEANUTS"が大好きでした。
野球は負け続け、蹴ろうとするボールをルーシーに毎度引込められ、
赤毛の女の子にはフラれて、いつもため息のチャーリーブラウン。
成績はDマイナスだけどスポーツ万能、スヌーピーのことを
犬じゃなく鼻の大きい子だと思ってるペパーミントパティ。
ガミガミ屋で毒舌さえわたり、でも、シュローダーの前では、
時に女の子っぽい面も見せるルーシー。
おませな妹、サリー。ぬけさく鳥のウッドストック…。
どの登場人物も、輪郭がくっきりしていて実在しているよう。
橋の上で、チャーリーブラウンとライナスが、ため息まじりに
哲学的な会話をするシーンなんかも好きでした。
漫画の中のアメリカ文化も新鮮で、スクールバスや夏のキャンプ、
マシュマロを焼いて食べたり、春のイースターで卵を探したり。
ハロウィーンも、ライナスがかぼちゃ畑で大王を待ち続ける漫画から、
知りました。

CGを始める前、神戸の子ども服の会社に勤めていたのですが、
ラッキーなことに、スヌーピーの洋服と関連雑貨のデザインの
担当になりました。
大好きな"PEANUTS"の原画を、日本中の誰より先に見られる
とっても幸せな職場です。
そして、入社から数年たったある年の夏、なんと出張で、
シュルツさんの事務所を訪ねることになったのです。

Img080212_1
       その場で描いていただいたサイン、家宝です。

サンフランシスコから車で2時間たらずの小さな町、サンタローザ。
シュルツさんが建て町の子どもたちに開放されているスケートリンクや、テニスコート、野球やフットボールのグラウンドなどがありました。
「シャイな方だから、出張者に会うことはまずない」と聞いていたのですが、アトリエの中にまで招き入れていただきました。
シュルツさんは、アシスタントを使わず、罫線引きも墨入れも
全部ご自分でなさいます。
華やかなことを好まず、TV出演やインタビューなどは苦手で、
サンタローザでの日々の生活を愛していらしたそうです。
スタッフも気心の知れた最小限の人数、
事務所もアトリエも、こじんまりとした居心地の良い場所でした。

シュルツさんは、2000年の今日、亡くなられました。
ご自宅で眠ったまま…。

Img080212_2
訃報にふれ、ひとりでした追悼式。
飾ったのは、平日版の最終回と新聞の切り抜き。

その翌日、日曜版の最終回が新聞に掲載されました。
おだやかで愛と感謝に満ちたシュルツさんの言葉がありました。

Img080212_3
    プリントを事務所の壁に飾っています。

—————————————-

Dear Friends,
I have been fortunate to draw Charlie
Brown and his friends for almost 50 years.
It has been the fulfillment of my childhood
ambition.
Unfortunately, I am no longer able to
maintain the schedule demanded by a daily
comic strip.  My family does not wish
Peanuts to be continued by anyone else,
therefore I am announcing my retirement.
I have been grateful over the years
for the loyalty of our editors and the
wonderful support and love expressed
to me by fans of the comic strip.
Charlie Brown, Snoopy,
Linus, Lucy… how can I ever
forget them…

—————2000.2.13 日曜版より——