Primary Content: Home

春をまつ


前記事のひとり追悼式の写真を見ると、
2000年には、沈丁花、水仙とも、
この時期すでに咲いていたということ。
水仙は、早い年なら、お正月にも活けているというのに、
今年はずいぶん遅いです。

     Img080214_1_3
           ここからが、まだまだかな…。

Img080214_2
           あと少し。  待ってるよ!

グッド・グリーフ!


事務所の屋号"Good Grief!"(グッド・グリーフ!)は、
よく、グッド・リーフ→はっぱ? とか、グッド・グリーク→ギリシャ?
と間違えられます。
実は、漫画"PEANUTS"の作者チャールズ・M・シュルツ氏の口癖です。
その制作姿勢や世界観にあやかりたくて、あつかましくも
屋号にさせていただきました。
「まいっちゃうよ」「やれやれ」といったニュアンス。
漫画の中で、登場人物のチャーリーブラウンがたびたび口にしますが、
一般にはあまり使われない言葉だそうです。
でも、とってもシュルツさんらしいコトバ。
作品の根底にも、"Good Grief!" な空気が流れていると感じます。

子どもの頃から"PEANUTS"が大好きでした。
野球は負け続け、蹴ろうとするボールをルーシーに毎度引込められ、
赤毛の女の子にはフラれて、いつもため息のチャーリーブラウン。
成績はDマイナスだけどスポーツ万能、スヌーピーのことを
犬じゃなく鼻の大きい子だと思ってるペパーミントパティ。
ガミガミ屋で毒舌さえわたり、でも、シュローダーの前では、
時に女の子っぽい面も見せるルーシー。
おませな妹、サリー。ぬけさく鳥のウッドストック…。
どの登場人物も、輪郭がくっきりしていて実在しているよう。
橋の上で、チャーリーブラウンとライナスが、ため息まじりに
哲学的な会話をするシーンなんかも好きでした。
漫画の中のアメリカ文化も新鮮で、スクールバスや夏のキャンプ、
マシュマロを焼いて食べたり、春のイースターで卵を探したり。
ハロウィーンも、ライナスがかぼちゃ畑で大王を待ち続ける漫画から、
知りました。

CGを始める前、神戸の子ども服の会社に勤めていたのですが、
ラッキーなことに、スヌーピーの洋服と関連雑貨のデザインの
担当になりました。
大好きな"PEANUTS"の原画を、日本中の誰より先に見られる
とっても幸せな職場です。
そして、入社から数年たったある年の夏、なんと出張で、
シュルツさんの事務所を訪ねることになったのです。

Img080212_1
       その場で描いていただいたサイン、家宝です。

サンフランシスコから車で2時間たらずの小さな町、サンタローザ。
シュルツさんが建て町の子どもたちに開放されているスケートリンクや、テニスコート、野球やフットボールのグラウンドなどがありました。
「シャイな方だから、出張者に会うことはまずない」と聞いていたのですが、アトリエの中にまで招き入れていただきました。
シュルツさんは、アシスタントを使わず、罫線引きも墨入れも
全部ご自分でなさいます。
華やかなことを好まず、TV出演やインタビューなどは苦手で、
サンタローザでの日々の生活を愛していらしたそうです。
スタッフも気心の知れた最小限の人数、
事務所もアトリエも、こじんまりとした居心地の良い場所でした。

シュルツさんは、2000年の今日、亡くなられました。
ご自宅で眠ったまま…。

Img080212_2
訃報にふれ、ひとりでした追悼式。
飾ったのは、平日版の最終回と新聞の切り抜き。

その翌日、日曜版の最終回が新聞に掲載されました。
おだやかで愛と感謝に満ちたシュルツさんの言葉がありました。

Img080212_3
    プリントを事務所の壁に飾っています。

—————————————-

Dear Friends,
I have been fortunate to draw Charlie
Brown and his friends for almost 50 years.
It has been the fulfillment of my childhood
ambition.
Unfortunately, I am no longer able to
maintain the schedule demanded by a daily
comic strip.  My family does not wish
Peanuts to be continued by anyone else,
therefore I am announcing my retirement.
I have been grateful over the years
for the loyalty of our editors and the
wonderful support and love expressed
to me by fans of the comic strip.
Charlie Brown, Snoopy,
Linus, Lucy… how can I ever
forget them…

—————2000.2.13 日曜版より——

ピッケ、座敷わらし説


友人のみやばら美かさんが、
昨年夏の帰省時に、4歳の姪っ子さんとのピッケ体験談を、
mixiの日記に書いてくれました。 (以下、許可を得て転載。)
———————————————————-
ピッケのおうちが住み着く

「こんどはわたしが、かくれるね。」
姪と遊んでいるようにみせかけて、反応を観察していて私は固まった。
ピッケは隠れることができても、隠れている姪を探すことはできないのだよ。とは言えないし…。

いままで大人でも十分楽しめるのでひとりでピッケを楽しんでいた。
子どもがどんな反応をするか見てみたかっただけなのに、
これは…私が試されている!
「ピッケがかくれたいって言ってるよ。」と一度目はごまかせた。
「どんなダンスがいいか言ってください。」
「どうしてさみしいの?」
「どんな歌がいいか聞いて。」
どうやら私をピッケとの通訳者だと思っているらしい。
そんなことわたしゃ知らないよ。と流石に4歳に言えない。
これは、子どもは楽しく遊び、大人は創造的な言葉を鍛えるものだと思う。
違うことを考えていて吹き出しを読まなかったら
「ちゃんと読んでよ」と怒られるし子育てとは大変なものだ。

「ピッケ今なにしてるかな~?」
と姪が頃合いを見計らって何度も言ってくる。
終わりにするときにピッケが眠たいと言ってねてしまうから
彼女のなかでピッケは生きている。
昔でいうならば座敷わらしみたいな存在だと思う。
普段目には見えないが、どこかでこちらを見ている。
昔と違うところは、こちらからアクセス可能なところだろうか。

彼女の父親である兄にピッケのアドレスを教えたとき
兄は「文章も読んでくれればいいのに」と言った。
すかさず母が
「これは親が読んで意味があるもんだ。子育てを怠けるな」
と一喝していた。

母にはtamieさんの作った意図は何も説明していない。
私はこの人に育てられたよ…と観念した。
———————————————————-

みやばら母サマ、恐れ入りました。
そして、お正月の日記にも。

———————————————————-
半年ぶりに会った姪が私の顔を見るなり、笑顔で
ぶたちゃんに会いたいのと言う。
ぶたちゃん??…
あぁ!ピッケか!四歳の子供が半年間覚えているとは
ピッケ恐るべし。

姪は母親に歯磨きをしてもらっているときに嫌がって
「読み込み中」とわめいていた。
———————————————————-

日記の内容も、これを書いてくれたことも嬉しくて、
よし、今日も作るぞー! という気持ちになります。
みやばらさん、アリガトウ!

Img080208_1
                  うっぐ という、進めない、押さえつけられた感じを
                  とっさに「よみこみちゅう!」と表現したのですね。
                                      …想像図です。

ピッケの視線


ピッケは、いつも正面向き。
右へ歩いているときも、左へスキップしてるときも、顔は、
モニターの前にすわっている子どもたちの方を向いています。
(ピッケは、短いアニメーションをたくさんつなげて表現しています。
 つなぎ目が見えると不自然に感じてしまいますが、
 占める面積の大きい「顔」部分が動かないことで、
 そのつなぎ目を目立たなくできるという利点もあります。)

Img080206_1
   どっちへ向かっていても、カメラ目線のピッケ。

Img080206_2
ピッケは、子どもの顔をまっすぐ見て、名前で呼びかけます。

また 子どもたちがアバターとなって、ピッケの世界へ入ることは
ありません。
子どもたちは、あくまでモニターの外。
世界中で、いちばん安心、安全なパパ&ママの膝の上にすわって
ピッケの世界を楽しんでほしいなぁ と思っています。

Img080206_3

さよならの仕方


タイマーが鳴って約束の時間がきたら、
いきなりブラウザの閉じるボタンを押すのではなく、
画面右下の「でぐちボタン」を押して、終わってください。

Img080203_1

おうちステージにいるときなら、ピッケが、
リズムのもりステージで森の仲間も一緒なら、居あわせたみんなが、
「またあそぼうねぇー」と、手を振ってくれますよ。

Img080203_2

エッツの絵本「もりのなか」のさいごのシーン。
森の中で空想の動物たちとあそぶ男の子を、
お父さんが迎えに来ます。 お父さんの
「きっと、またこんどまで まっててくれるよ」
の言葉に、男の子は
「さようならぁ。みんな まっててね。
 また こんど、さんぽに きたとき、さがすからね!」
と 肩ぐるまに揺られて帰っていきます。
お父さんのこの一言で、男の子の心の中の動物たちは生き続けます。
(実際、この絵本には続編の「また もりへ」があり、
 男の子は、ふたたび同じ森で動物たちと遊びます。)

こんなふうにできたらなぁ と思うのです。
どうぞ この男の子のお父さんの気持ちで、
「でぐちボタン」を押して、ピッケにちゃんとバイバイして、
納得、満足して、終わらせてあげてくださいね。

電源を切っても、ピッケはネット上のおうちで暮らしていて、
ふとしたときに「ピッケ、どうしてるかな、ピッケも今頃ごはんかな?」
と思えて、会いたくなったら会いにいける。
そんな世界をめざしています。
(まだまだですが、理想は高く!)

タイマー機能をつけました


「ピッケのおうち」は、はじめてコンピュータに出会う
小さな子どもたちのために作った、親子で楽しむソフトです。
ですので、これまで、利用時間の管理は、
一緒に遊ぶパパ&ママにお任せしてきました。
でも現実には、キッズ@niftyへ引越したこともあり、
小学生の割合が増えていて、
子どもひとりで遊んでいることもあるようです。

そこで、かなり迷ったのですが、タイマー機能を設けました。

Img080201_1
   ベルの絵柄↑が、タイマーボタン。

親子で利用の場合も、うまく使ってみてください。
あらかじめ、何分あそぶか親子で話し合って決めて、
タイマー設定もお子さん自身にやってもらえば、
自分で決めた約束を、守ろうという気持ちになることでしょう。

Img080201_2
   10、20、30分の中から、設定できます。

Img080201_3
           クリックすると、残り時間がわかります。

1回の利用は15~20分、
長くても30分までが望ましいと思っています。
コンピュータだけでなく、いろんな遊びを経験してほしいので。

Img080201_4 

もし「ものたりな~い!」っていう場合には、
つくってあそぼうにある、ペパクラやペパドル、
プレゼントにある、がんばるシート&シールやまめぼんなど、
工作類も試してみてください。
ピッケの世界は、PCの電源を落としてからも、楽しめますよ。

以下は、過去のブログから、ピッケの工作あそび例。
ペパクラピッケとかくれんぼ
ペパクラ、ペパドルを戸外でパチリ
ピッケのペパドルでお話づくり
がんばるを応援するシート&シール
ちびサイズのピッケのまめぼん

記事掲載のおしらせ


Img080129_1
1/26 発売の「AERA with Baby vol.4」で、ご紹介いただきました。
「ベビーとの暮らしを彩る7つのキーワード」というページの
1番目のキーワード「Baby meets internet」。

Img080129_2
  142ページ=ずーっと後ろの方、裏表紙から3枚目です。

同じ号に、小学校6年の1年間、図工を教えていただいた
東山明先生も登場なさっていて、なんだか嬉しいです!
Img080129_3
ご専門の「子どもの絵の成長」について、具体例を示しながら
わかりやすく話されています。
当時から「信じて見守る」姿勢の、とっても優しい先生でした。

本屋さんで、ぜひ手にとってみてくださいね。

1/25 発行の「朝日ファミリー」でも、取り上げていただきました。
江口記者が、わざわざキッズプラザ大阪まで出かけて、
ピッケと遊ぶ女の子&パパの様子も撮ってきてくださいました。
「親子のコミュニケーションを深める今どきの遊びと子育てのヒント」
という ドンピシャの記事にまとめてくださっています。

ところで「朝日ファミリー」と聞いても、「?」な方も多いことでしょう。
私には親しみあるコミュニティー紙なのですが、
配布エリアが、神戸は東灘区のみ~阪神間~北摂 だけ
という、超ローカルなフリーペーパーなのでした。
(朝日新聞に折り込まれて届く。芦屋と西宮は全戸配布。)

Img080129_4

掲載記事はこちら

金刀比羅さん


書院の特別公開展へ行ってきました。
会期中最終の日曜で、混雑覚悟だったのですが、
朝のうちはどこも空いていました。
(団体バスが着く10時頃からは大混雑)

Img080127_1
  朝8時の参道は、人影もまばら。

大門をくぐったところに、茶席のような日傘&床机が5つ、
女性がべっこう飴「加美代飴」を売っています。

Img080127_2
「五人百姓」境内での営業許可を代々もつ特別な5家。

書院へ直行。
応挙の虎のちょっとユーモラスな顔、
山水の間の襖絵~庭への連なり、
白地に描かれた白い富士、次の間の裾野で狩をする絵との遠近、
若冲の緻密に美しい花たち…。
襖絵は襖絵として、天井画は天井画として、
庭を眺め、畳にすわって、ゆっくり観てきました。
切り取られ運ばれガラスケースに並べられた「展示」ではなく
そのもののあるべき場所で味わえる贅沢、
思い切って出かけてヨカッタです。
(撮影できないので画像がなくて、ごめんなさい)

白書院では、田窪恭治氏によって、椿の襖絵と障壁画が製作中。
3年後に完成予定。
しっくいの白壁と真っ白の襖で長く使われてきた白書院。
そこに、赤&緑の大胆な椿の絵を描くと決めた金刀比羅さんの勇気。
スゴイです。
庭先の椿はまだでしたが、椿らしからぬ大きな樹に育っていて
見事な花をつけるそうです。

Img080127_3

その椿のタイルを内装に使ったのが、カフェ。
なんと、資生堂パーラーです。
庭の椿~白書院~この新茶所、大きな「椿」リンクの仕掛け。

Img080127_4
洗面所には、金刀比羅さんと資生堂のコラボ商品(香水)の
テスターまで置いてありました。 その名も「琴娘」。
 左は、WC入り口のサイン。

いきなり休憩してしまいましたが、いざ出発。

Img080127_5
1368段を登りきりました。奥社着。まだ雪も残っています。

Img080127_6
讃岐平野を一望できます。

Img080127_7
おみくじ。
その昔、首に、お金や名前を書いたお札や入れた袋を下げて
飼い主の代理で旅したという犬がデザインされていて、可愛いです。

金壹百萬円、金弐百萬円、金参百萬円、、、。
並ぶ寄進の石碑を横目に、ひたすら下ります。
さすがに海運や漁業関連が多いです。あと個人。

Img080127_8
幸福の黄色い3守りは、普通サイズとミニサイズとミニミニサイズのセット。
あらゆるポップは黄色で統一されています。

Img080127_9
斬新な新社務所は村野藤吾賞受賞だそう。
高橋由一館の油彩画のコレクションも充実でした。
書院といい、収蔵品といい、お金にものをいわせやたらに
というのではなく、肥えた眼で斬新な取り組みをしてきた集積
という印象です。
江戸時代の応挙や若冲も、その時代の最先端、
現代の田窪氏の椿にしても、果敢な取り組み。
歴代の宮司さんの文化への造詣がとても深かったのでしょう。

金刀比羅さん、おそるべし!です。

絶景かなぁ~


Img080125_1

すきま時間に、初春大歌舞伎を一幕見席で観てきました。
舞台は遠ーーいけれど、始まってしまえば引き込まれます。
(ただ当然、花道は見えず舞台の上部も見えません。)

Img080125_2
        一幕見席は4階にあります

「けいせい浜真砂」南禅寺山門の場
あさぎ幕が落ちると、満開の桜に彩られた南禅寺山門、
絢爛豪華です。
山門ごとせりあがるセットは華やかに大仕掛け、
斜め上から見ているので、仕組みがよくわかります。(負け惜しみ)
真砂路の雀右衛門は、さすがにセリフは聞き取りにくいけれど
「絶景かなぁ~」の名ゼリフが聞けて、ちょっと嬉しい。
「魚屋宗五郎」 酔いがすすんでいく表現がさすが。
「お祭り」 團十郎のイナセな舞いが素敵でした。
獅子舞も登場して、いかにも新春。

これだけ観て、たったの1800円。
映画を観る気軽さで本物が楽しめるのは、嬉しいです。