Primary Content: Home

「廃材×物語」クリエイティブリユースワークショップ @神戸KIITO


10月23日神戸KIITOで、クリエイティブリユースワークショップしました。
img_161023_kiito_01
午前中は、「廃材×物語」。素材を見て触って「みたてる」ことをしながら、廃材に新しい物語を与えることで、新しい命を吹き込んでもらいました。
img_161023_kiito_02
多種多様な材料を眺め触り選ぶことは楽しくて、大人でもわくわくします。
img_161023_kiito_03
すべて、主に神戸の企業、町工場、お店から(他、大月ヒロ子さんの玉島や、調布からも)、協力を得て提供いただいた廃材です。
img_161023_kiito_08
異素材をとりあわせて作ります。
img_161023_kiito_07

「びょんびょんろけっと」7歳作
img_161023_kiito_04
「ろけっとにのってうちゅうにいこうとしたら ろけっとがこわれたとおもったけど びょんびょんとろけっとがうちゅうのはてまでとんでって かえってきました。」
img_161023_kiito_04_1
バネの具合を何度も確かめます。
img_161023_kiito_06
「ばねボール・ろケット」7歳作。宇宙に行って惑星に使うもの。
img_161023_kiito_06_1
「空とぶうちゅうステーション」1年生作。今は月の辺りにいて、どこへでも行けるそうです。
img_161023_kiito_09
「おにわ」1年生作。友だちのおにわ。いっしょにあそべる
img_161023_kiito_05
こちらは大人。ご夫婦の作。左は馬蹄にたくさんのボタンを貼り付けています。写真立て。右はお子さんのための貯金箱。
img_161023_kiito_10

午後は「ちびっこうべ」の町の解体ワークショップ。子どもたちが、夏休み頃から、売る商品、店舗デザイン等を企画しつくりあげてきた町を今日いよいよ解体します。写真は、先週末、見学させてもらった店開き中の様子。
img_161023_kiito_16
解体作業の前に、大月ヒロ子さんのクリエイティブリユースについて、子どもたちにレクチャ。
img_161023_kiito_12
実際に、分類・整理され魅力的によみがえった「材料」も見てもらいました。
img_161023_kiito_14
「どうして『材料』にみえるのだろう?」と問うと、色や素材で分けていること、その材料の特性に合せて、見やすく並べられていることにもちゃんと気付いてくれます。

自分たちの町(ユメミセ)を、壊すのではなく、大切に分解して、材料に戻す。ていねいに解体中。
img_161023_kiito_13
開始から1時間経つと、町はもう消えかけていました。
img_161023_kiito_15
創ることはほんとに楽しくて、たくさんの学びがつまっています。
子どもたちが、存分に創れる場所や機会をつくり、手を出さず(ただし、ちょっとしたヒントをたまに。)信頼して見守ることは、なにより大事です。

クリエイティブリユースのワークショップ(こどもSOZOプロジェクト)は、12月18日までの金土日曜、まだまだ続きます。詳細と申込方法は「デザイン都市・神戸」のWebからご覧いただけます。(午前回は10-12時、午後回は14-16時です)

追記:
午後の「ちびっこうべ」。「ユメミセ」を解体した子どもたちが、さっそく「分類」していたそう。子どもたちの気質が嬉しくって頼もしいです。それを知らせてくださったKIITO中野さんのお気持ちも。
「ちびっこうべ」のFacebookページのアルバムで写真をご覧いただけます。

未来のくらしモノ語り「ピッケのつくるえほん」ワークショップ @川崎市市民ミュージアム


10月15日晴天の日曜日、川崎市市民ミュージアム(神奈川県)でワークショップをしました。等々力緑地の広い敷地内。前庭の黒いオブジェは前衛作品とばかり思っていましたが、あとで調べると「トーマス転炉」貴重な産業遺産と知りました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_01s
今回のワークショップでは、企画展「昔のくらしと道具2016」を糸口に、自分がつくりたい未来のくらしを物語にしました。参加者は近隣の公立校に通う小学生で、大半が3年生でした。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_03s
最初にスライドを使い、道具があり使う人がいて暮らしがあることを思い起こしてもらい、「過去を振り返って未来を考えるよ」と意識づけをしました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_04_%e5%b0%8e%e5%85%a5ppts
皆が生きている「今」は、君たちの祖父母、曾祖父母、曾々祖父母…が、こんな未来をつくりたいと願いつくってきた「未来」。次は皆の番、未来のくらしをどう作りたい? そのヒントを探しに行こう!として、展示を見に出かけました。
目的意識があると、ただ単に「昔は大変だったんだね」「今は便利になってよかった」で終わらず、深く考えます。子どもたちはいつも、大人が思っている以上に、よく聴きよく考えています。

3グループに分かれて展示をみて回り、気づいたことをアイディアシートにメモします。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_06s
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_25s
会場へ戻ってきて、みらいのくらしのアイディアをまとめ、グループ内で発表、友達から質問やアドバイスをもらって、ブラッシュアップしました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_13s
続いて、自分のアイディアを物語にします。より良く伝えるには、誰を主人公にしてどんなお話にするとよいでしょう? 表現の幅を広げたくて、「家」からの定点観察で文明の発展を描いたバージニア・リー・バートンの絵本「ちいさいおうち」を見せました。
ここからはiPadを使います。絵で4見開きを目安に本文をつくり、表紙と裏表紙もつくります。ほしい素材が用意された中に無くても、車、洗濯機、ドレス、自転車、なんでもデジタル積木を組合わせて作ってしまいます。(このアプリには自由描画機能を持たせていません)

次は録音。思い思いの場所で録ります。声の友情出演をしている子たちもいました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_18s
デジタル絵本が完成したら、紙の絵本も製本します。A3サイズなので、いつもよりひとまわり大きな仕上がりになりました。皆を待つ間、手書きで文章を入れた子もいます。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_20s

さいごは発表会。展示でみた昔の冷蔵庫、ミシン、洗濯機、羽釜、ゲーム機などから着想を得たそれぞれの未来を見せてくれました。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_22s
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_21s

いくつかご紹介します。
「ちっちゃいうちゅう」まゆさん(小4)

「海はすずしい」なのさん(小3)

「昨夜のワープ」リオピーさん(小3)

「みんな友だち」佑太くん(小3)

「楽しい 未来の洋服屋さん」南々子さん(小3)

「高熱炊飯器の使い方」朋哉くん(小3)

「なんでもおまかせ洗濯機」ゆなっぴさん(小3)

「未来の社会をつくっていくのは君たちだよ、それはとっても楽しみなことだよ」と伝えたくて、ミュージアムの教育普及担当の菅井薫さんと相談して、この企画にしました。2年前の「未来の図書館」を考えるワークショップも同じ企画意図でした。夏の多世代共創ワークショップでも同様の想いを込めました。今の日本の子どもたちが、学力は高いにもかかわらず、自己肯定感や自己効力感が低いことが気になっています。すべてそろった世界に生まれてきたのだから無理もない面もあるかもしれません。でもせっかくこの世に生を受けたのだから、存分に幸せに、自分を大切に思い(うぬぼれるという意味ではなく)自己効力感をもって生きてほしいのです。未来をつくる楽しみな仕事に参加しようと思ってほしいのです。そして、子どもたちが幸せに生きることは、幸せな未来社会を私たち皆でつくっていくことに他なりません。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_23s

川崎市市民ミュージアムは来年度から指定管理となるため、今回のピッケが、現在の市職員の皆さんにとって実質上「最後のワークショップ」となるそうで、それはもう渾身の準備をしてくださいました。力作のサンプル絵本、名札、グループ分けのフラッグ等々。ピッケをアイロンプリントしたおそろいのエプロンまで。
img_2016-10-15%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82_00s
嬉しくて、私も精いっぱい務めました。

全作品を動画キャプチャをしました。
※ 上記7作品を含む全16作品が順番に自動再生されます。

うまく連続再生されない場合は、直接YouTubeの再生リストから個々の作品をご覧ください。

写真を、Facebookページ「PeKay」でご覧いただけます。

----------------
使用アプリ: ピッケのつくるえほん for iPad
ピッケに関するお知らせやレポート: Facebookページ「ピッケ」
(「いいね!」いただけると励みになります)
----------------

おでかけピッケ@大阪府立母子保健総合医療センター

大阪府立母子保健総合医療センター

16日金曜日、チャイルド・ケモ・ハウス於保さんと一緒に、大阪府立母子保健総合医療センターへ出かけてきました。4回目の訪問です。( 初回 前々回 前回)
img_160916_osakaboshi_1
img_160916_osakaboshi_2
(検査や治療があるので)入れ替わり立ち代わりしながら、10人くらいの子どもたちが参加してくれました。
海の好きなお姉さんへ贈る絵本。男児作。
img_160916_osakaboshi_4
発表会。
img_160916_osakaboshi_5
明日日曜は、小学1年生のお子さんがいらっしゃるご自宅へ伺います。

入院中の子どもたちのところへ、チャイケモの方と一緒に絵本づくりに伺います。ご希望ありましたらどうぞご連絡ください。

※ 本活動に、広島の教材販売会社3社の社長さんがそれぞれチャイケモへ寄付してくださった3台のiPadも活用させていただいております。
チャイルド・ケモ・ハウス(チャイケモ)
2013 年4月神戸に開設された国内初の小児がん専門治療施設。患児家族らにより設立、運営されている。医師のいる診療所と患児が家族とともに暮らせる住居がひとつの建物内にあり、家族一緒に暮らしながら治療を受けることができる。

おでかけピッケ@京大附属病院


チャイルド・ケモ・ハウス(愛称:チャイケモ)の於保さんと、京都大学医学部附属病院へ出かけてきました。院内のボランティアグループ「にこにこトマト(愛称:にこトマ)」さんの企画・運営です。
img_160914_kyoto_1

たくさんの子どもたちと付添の親御さんがご参加くださいました。お母さん、妹や弟、院内のお友達などへ贈る絵本を、それぞれが作ります。検査やシャワーをしながらの時間なので途中出入りがあり、なかなかフルでの参加は難しいのですが、短い時間の中でも子どもたちは楽しむ名人です。遅れての入室で最初の説明をきけなかった8歳の男の子も、お話の世界でたっぷり遊んでいました。
img_160914_kyoto_2

前回は階段をのぼったりおりたりで大変だった印刷も、今回はメンバーの方が私物で用意してくださり、同じプレイルーム内でできました。人員数が足りず、急遽無理をお願いした沙代さんの応援もありがたかったです。
img_160914_kyoto_4

お土産に、にこトマさんの皆さんが手仕事でプリントされた20周年記念グッズをいただきました。
img_160914_kyoto_5

「おでかけピッケ」入院中の子どもたちのところへチャイケモの方と一緒に伺います。ご希望ありましたらどうぞご連絡ください。

※ 本活動に、広島の教材販売会社3社の社長さんがそれぞれチャイケモへ寄付してくださった3台のiPadも活用させていただいております。
チャイルド・ケモ・ハウス(チャイケモ)
2013 年4月神戸に開設された国内初の小児がん専門治療施設。患児家族らにより設立、運営されている。医師のいる診療所と患児が家族とともに暮らせる住居がひとつの建物内にあり、家族一緒に暮らしながら治療を受けることができる。

インタビュー記事掲載「学研キッズネット( kidsnet for Parents )」


学研キッズネット( kidsnet for Parents )に、インタビュー記事が掲載されました。(全4回)
6月1日に、まる一日同行して取材くださった記事です。
IMG_gakken_TamieAsakura
シリーズ 専門家にきく!「ICTを使って子どもの創造する力をはぐくむ 株式会社グッド・グリーフ代表取締役 朝倉 民枝さんインタビュー」(全4回)

【第1回】子どもとICTの幸せな出会いを願って
【第2回】ICTの得意わざをいかす! 子どもの創作活動サポート「お話づくりワークショップ」
【第3回】小児医療施設におけるICT活用 院内学級でお話づくりワークショップ
【第4回】大学でのゲスト講義&小学校の先生向けレクチャーレポート 青山学院大学・青山学院初等部

各種Web、新聞、雑誌、TVなどこれまでの「メディアでの紹介」は こちらに一覧があります。

あいちトリエンナーレ豊橋会場


浜松の前日、駆け足であいちトリエンナーレ豊橋会場を2つまわりました。
いずれも再開発対象のようなので、今このタイミングならでは。時代がわからなくなるよな空間に、作品がまじりあって良かったです。

水路の上に建つ水上ビル。細長い1~3階+屋上が、鳥小屋。(ラウラ・リマ作品)
160827_aichi_0
160827_aichi_1
開発ビル。
160827_aichi_2

160827_aichi_4

160827_aichi_8

160827_aichi_10

160827_aichi_9

160827_aichi_3

水上ビル。花火屋さんが多い。たばこ専門店も。
160827_豊橋花火屋さん
水上ビル壁面の広告は地元の絵描きさん。誰の作かひと目でわかりました。
「オレたちの日常はイカしてんだぜ!」豊橋 コータロー

多世代共創ワークショップ @浜松こども館


10月に開催の日本子ども学会のプレイベントとして、8月28日日曜、静岡県浜松市のこども館にて「未来の家族へのメッセージ ~ 伝えるバトン絵本 ~」ワークショップが開催されました。子どもとすることが多いピッケの絵本づくりですが、今回はじめて、祖父母世代+親世代+子ども世代の三世代家族チームで行いました。

開始前、子どもたちの緊張をやわらげたくて、会場外のテーブルに集まってもらい、おはなし絵カードで遊びました。
IMG_160828_浜松多世代_絵カードで遊ぶs
さて定刻。全体指揮の沢井佳子先生によるレクチャーから始まります。「子どもが『おばあさんも昔は子どもで、その子どもの子どもが私だ』という命の物語に気づけば、『おばあさんの思い出を想像すること』が面白くなるでしょう」という主旨で、しまじろうも登場する楽しいお話をしてくださいました。要となるキーワード「多世代共創」も沢井先生によるものです。
IMG_160828_浜松多世代_沢井先生レクチャs

ワークショップは、佐藤朝美さんと企画、実施しました。家族のシンボルを選び、それをバトンとして、祖父母→父母→子どもへと三世代間をリレーしながら次世代へ贈る絵本をつくります。

43枚のカードの中から7家族が選んだカードです。(「虹」が2家族)
IMG_160828_浜松多世代_シンボルのカードs
3歳のCちゃんは、先日家族で祝ってもらったお誕生会がとても楽しくて、その楽しかった象徴として「ケーキ」を選びました。
IMG_160828_浜松多世代_カード選び3歳ケーキ_s
つくりたい情景と意欲は強くあるものの、まだ3歳になったばかりなので操作はむずかしくて、手が当たっては動いたり消えたりでなかなか思うようになりません。それでも自分で作りたくて、すごい勢いでどんどん作っていました。
パーティーの情景ができあがると満足したのかお眠タイム。続きはお母さん。お子さん作のパーティーのシーンをさいごの見開きに移動し、全体を整えてお誕生日を祝うお話として完成なさいました。
作品SCS_うさぎさんおたんじょうびおめでとう
暑がりで冷たいものが大好きなMちゃん(小2・8歳)が選んだのは「雪」。キンキンに冷たいアイスクリームのお話を制作中、2見開き目の担当はお母さんです。
IMG_160828_浜松多世代_つくる小2女児
題名「ひえひえアイス」の名付けも、シンボルと関連させて表紙に水玉柄をもってきたことも、表紙の涼やかな配色も、なかなか心にくいです。Mちゃん担当の3見開き目で、野球の練習をして汗びっしょりになっている様子もよく伝わります。このシーンがあるから、次の見開きに描いたアイスが、ますます冷たく美味しく感じられるのですね。後ろで一緒にアイスを食べるお祖母さんのたたずまいも良い味だしています。
作品SCS_ひえひえアイスs
妹Sちゃん(5歳)の「海が好き」という気持ちを家族皆で尊重して、シンボルは「海」。お兄ちゃんJくん(10歳)が物語を海から空へと展開させます。
作品SCS_さかなくんそらをとぶs
お出かけが好きな家族は「車」をシンボルに選びました。チーム名まで「お出かけ」です。山ではどんぐりを拾い、海へは車ごと飛び込んでスイスイ泳いでいます。ページをめくる向きと車の進行方向も合わせてあって、物語が軽快に気持ちよく進んでいきます。
作品SCS_みんなでおでかけs
こちらは、祖父、父母、孫(小5・10歳)のチーム。お祖父さんと孫のRくんはふだん一緒に過ごす時間があまりないそうで、最初はお互い遠慮しあっているようでした。でも寡黙なお祖父さんが楽しんでいるらしいと分かってからは、Rくんが面白いアイディアを積極的に提案し、録音時にはRくんの演出指導にお祖父さんが応じて、Rくんを中心に家族全員で笑いあいながら作っていました。

そして発表会。開始直後に選んだシンボルカードを発表するときには、緊張や恥ずかしさで発言できなかった子どもたちも、しっかり発表できました。
IMG_160828_浜松多世代_発表会s
さいごは、大会長である静岡大学大学院情報学部の竹林洋一先生から総括のレクチャーがありました。(舞台裏で展開図の印刷作業していて、聴けなかったのが残念です)
IMG_160828_浜松多世代_竹林先生レクチャs
絵本の展開図を各ご家族3冊分ずつお土産にお持ち帰りいただきました。お孫さんが「さっそく製本をし絵本の解説をしている」と、参加者の方から嬉しいメールも届きました。アンケートに「子どもが自分の子を産む時まで大切に保管します」と書いてくださったお母さんもありました。
三世代で絵本を作ってみることで、これまでの長い命の繋がりの先に今があることを想い、続く未来へと想いを馳せてほしい、子どもたちには、自分たちで未来社会をつくっていくことを楽しみに感じてほしいという願いをこめました。そこまでは届かなかったかもしれませんが、お祖父さんやお祖母さんと、家族みんなで、1つの物語を創るのは楽しい、と思ってもらえただけでも充分です。
夏休みさいごの日曜日に三世代のご都合をやりくりしてご参加くださった7家族の皆さん、そして静岡大学や静岡文化芸術大学の皆さん、本当に多くの皆さんのお力添えで、このワークショップを実施することができました。ありがとうございました。とても愉快で幸せな時間でした。
当日の様子が、翌日の中日新聞 朝刊に掲載されました。

写真を、Facebookページ「PeKay」でご覧いただけます。

——————
10月8日9日には、静岡大学浜松キャンパスで、第13回子ども学会議(学術集会)が開催されます。テーマは「長寿社会の子どもと情報学 ― 家族・地域・メディアとつくる子どもの未来 ―」です。長寿社会における諸問題の解決に向けて、「子ども」をキーワードに、情報学の視点からご一緒に考えましょう。ご参加をお待ちしています。 詳しくは こちら>>
——————

追記:
毎日新聞 10月25日朝刊「デジタルで学ぼう」の紙面で詳しくご紹介されました。
「家族の絵本、ソフト手助け 3世代で協力、子供の創造力育む」
同内容のWeb版 掲載サイトはこちら

「ピッケのつくるえほん」ワークショップ @豊橋こども未来館ここにこ


8月11日祝日、愛知県豊橋市のこども未来館(愛称:ここにこ)でワークショップをしました。今年1月3日に続いて3回目の開催です。

操作説明の中で積木を使ってオバケを作っていると、最前列から「あっ、おばっち!」の声が飛んできました。「『おばっち』聞いたことあるぞ、なんだっけ?」 声の主は前回も参加してくれたはるかちゃん(6歳)。そうでしたっ、はるかちゃんがつくった「おばっちのおうちづくり」の主人公が「おばっち」でした。
今回はその続編として、前作では脇役だった「ぷっち」が主人公となって、幼稚園に入園するお話をつくってくれました。
IMG_160811_ぷっちいよいよようちえんへs

前回同様、お兄ちゃんとご両親、ご家族4人そろってご参加くださいました。嬉しいです。
IMG_160811_ここにこ_参加2回目親子s
こちらは、おじいちゃん、おばあちゃんと参加してくれた姉弟。
IMG_160811_ここにこ_祖父母とs
皆で発表会。
IMG_160811_ここにこ_発表会観るs
5歳の弟くんは発表が恥ずかしくて、自分の順番が回ってくると「おしっこ行ってくるー!」と飛び出して行ってしまい、でもニコニコ顔で廊下からガラス越しに皆の様子を伺っていました。
作品は「かえるくんにいちにちのぼうけん」れんたろうくん(5歳) お姉ちゃんへ贈る絵本。

あと2点ほど紹介しますね。
「もりのパンやさん」たいがくん(6歳) 幼稚園の先生へ贈る絵本です。

「なつやすみ」あすかちゃん(5歳) ママへ贈る絵本。

作った絵本を最初に決めた相手に贈ることを約束、自作を手に記念撮影をしてお開きとなりました。
IMG_160811_ここにこ_全員でAMs
来年2月の連休2月11日12日に「デジタルで創ろう!キッズワークショップとシンポジウム in 豊橋」と題して、ここにこにてイベント開催予定です。(市制110周年市民提案イベント。主催:らるご子ども教育研究所、共催:豊橋市、後援:豊橋市教育委員会)詳細が決まりましたらご案内します。年末あたりの「ここにこ通信」もチェックしてくださいね。
IMG_160811_ここにこ_外観2s
当日の様子が、中日新聞 8月13日朝刊(東三河版)に掲載されました。

翌12日は、らるご子ども教育研究所さんで、養護施設で暮らす子どもたちや発達課題のある子どもたちと絵本づくりをしました。最初は教室の後方にじっとかたまって座っていた子どもたちが、後半では活き活きと夢中でつくっていました。
自分がつくったお話を大切な人が喜んでくれることは存在を認められることです。認められることで自分を大切にし人を信頼できる心が育ちます。また、創り表現する喜びは、生理的快楽とは異なる深い喜びです。それらをいちばん必要とする子どもたちのもとへ何としても届けたいと思いをあらたにしました。

写真を、Facebookページ「PeKay」でご覧いただけます。

「ピッケのつくるえほん」ワークショップ @KNBいりふねこども館(富山)


8月7日、ピッケ初富山! 北日本放送さん主催で、北陸地方ではじめてピッケの絵本づくりをしてきました。

会場は、富岩運河環水公園すぐ近くに昨年オープンした「KNBいりふねこども館」です。
IMG_160807_いりふねこども館_外観s
エチューたちスタジオジブリデザインのキャラクターが迎えてくれます。
数百冊の絵本を揃えた「えほんの小屋」、放送局らしくテレビスタジオを体験できる「スタジオの小屋」「クロマキーの小屋」「こどもシアター」などカラフルな小屋が並んでいて、大人でもわくわくします。
IMG_160807_いりふねこども館_内観1s

絵本づくりは、親子で参加いただきました。兄弟姉妹の人数が多いご家族が多く、また、三世代同居世帯も多いようで、おばあさんもご参加くださったご家族が2組ありました。

午後回では、早く到着した子どもたちとおはなし絵カードであそびました。
IMG_160807_開始前_絵カード2s

4歳男の子。とても楽しんでつくっていました。タイトルは「かえるのぼうけん」。家族を探しに行くお話です。
IMG_160807_制作中_男児s
4歳女の子。静かに作っていて、ときどき控えめにニコッとするのです。これは、ケーキ屋さんが思うようにできた時。
IMG_160807_制作中_女児_ケーキ屋さんs
姉妹。7歳のお姉ちゃんは、ずっと4歳の妹の様子を気遣っていました。
IMG_160807_制作中_姉妹1s
こちらも7歳と4歳の姉妹。お母さんも一緒にそれぞれの作品に録音中。2歳の末の妹さんはお姉ちゃんたちを応援しています。
IMG_160807_三姉妹で録音中s
発表会。
IMG_160807_発表会_screens
どの子も、嬉しいのだけれど、ちょっと照れくさい様子です。
IMG_160807_発表会_観る_家族4人でs
自分の作品を見るのは恥ずかしくて、そのうちテーブルの下にもぐりこんでしまいました。
IMG_160807_発表会_観る_三姉妹_姉s
ちょっとシャイな富山の子どもたち、最初に決めた相手に、絵本を贈ることを約束してお開きとなりました。

すいすい進んだ午後回は、いちばん気に入っている場面を開いて皆で記念撮影もしました。
IMG_160807_子どもたち全員でs
「KNBいりふねこども館」は、北日本放送(KNB)さんが富山の皆さんへの恩返しを創業の地である湊入船町からはじめたいとの想いで、開館なさったのだそうです。
入場無料、駐車場完備、専任スタッフも常駐しています(警備員さんまで親切)。放送局が単独でCSRとして子どもやファミリー向けの施設を運営する、というのは、他には無いのではないでしょうか。

終了後、お世話になったKNBの皆さんとご一緒に、夕方のニュースを見ることができました。※ 1週間ほどはKNBのWebで視聴いただけます。こちら>>
IMG_160807_ニュースOAs

富山へ旅行されることがありましたら、富岩運河環水公園とセットでぜひ訪れてみてください。
IMG_160807_環水公園s

写真を、Facebookページ「ピッケ」でご覧いただけます。