Primary Content: Home

ピッケの考えを読む


コンコン。
夕方、事務所のドアをノックして入ってきたのは
小学1年生コンビ、けんたくんとはっきくん。
「ピッケとあそびたくなった」って。
どうぞどうぞ。

彼らの今の流行は、かくれんぼらしく、
「きょうは たのしかった?」
たずねるピッケに答えるのもそこそこ、
あそぼうよボタンで かくれんぼへ直行。

「めをつぶって10かぞえてね」
ってピッケが言っても、眼なんてつぶらない。
お兄ちゃんですもん。

Img071024_1

最初は はっきくん。
横から けんたくんが
「先にドアしめなきゃ!シンニュウシャがいるから。」
(時勢を反映? あるいはヒーロー物の影響?)
素直なはっきくん、玄関のドアをクリック。

Img071024_2

当たった!
「すごいね!! 1かいでみつけるなんて!」
と ピッケもびっくり。
次は けんたくん。
ピッケの考えを読もうと、じっくり考えながらクリック。
あれ、シンニュウシャはいいのかな?

Img071024_3

深読みしすぎた? なかなか当たらない。
「みつかっちゃった~」
隠れてたのは、台所の流しの下でした。

続いて リズムのもりへ出かけようとする はっきくんに、
「たいへん もうかえらなきゃ」と けんたくん。
6時半。シンデレラタイムですね。

また おいで。

秋のドライブ


3週間前、ピッケとみみちゃんとまあくんに、
それぞれ1台ずつの車の絵を描いてくれた、さんごくん(4さい)。

Img071022_1
       左から、ピッケの車、みみちゃんの車、まあくんの車

こんどは、全員そろって乗れる大きな車の絵を、送ってくれました。

Img071022_2

どんな山道でも、がんがん走れそうな車ですね。
さて どこまでドライブしようかな。

皆からの投稿作品は「みんなのひろば」にあります。

ピッケのまめぼん


「ピッケのおうち」の中で、ピッケが読む絵本。
公開以来、ずっと変わらず「おばあちゃんのシナモンロール」でしたが、
新しく「ピッケのまねっこあそび」になりました!

絵本を作るとき、
「ページをめくる」っていうこと込みで検証がしたくて
何冊も、ダミーを作ります。
これが、結構かわいいのです。

Img071018_1
            4.5×4.5cm のちびサイズ

このダミー本を、プリントアウトして作ってもらえるようにしました。
手のひらにのるミニミニサイズ。背表紙にお名前も入ります。

豆本、豆絵本と呼ばれるのは、ふつうきちんと製本されていますが、
これは、とんでもなくテキトーな我流の作り方。
単に糊で貼るだけの超簡易版ゆえ、耐久性はいまいちです、
あしからず・・・。

Img071018_3
        ペパドルとのごっこあそびに使えます

Img071018_2_2
        ペパクラともぴったりのサイズです

>> 「プレゼント」ピッケのまめぼんは こちら

ピッケ@京都東福寺


日曜日、京都へ行ってきました。
紅葉で知られる東福寺も、シーズン前の今なら空いているに違いない。
見込みは的中。ぽつんぽつんの人出で団体客の姿もありません。
お目当ては、ここの方丈庭園です。
静寂の中、広縁に座り、枯山水の庭に対していると
気持ちが安らいできます。
ただ じーーっと ひたすらに眺めていると、
白い砂地に浮き上がる文様が、波のように動き出す錯覚・・・。

西と北の庭の市松模様は、そのポップさに、目が覚める思いです。

Img071016_1
     瞑想(迷想?)ぐるるるるぅ~

Img071016_2
     西庭はさつき×砂地の市松、北庭は苔×石の市松

Img071016_3
      洗玉澗に架かる通天橋

Img071016_4
      紅葉の季節に また来たいなぁ~

進化しておすわりポーズ


ピッケのペパクラ。
今のデザインに落ち着くまでには、長ーい変遷がありました。

Img071014_1

さいしょは2本足で、不安定ながらも立ち姿でした。
(左端と一番前のチビ)胴体に丸みがあって、鼻も立体。
ほぼイメージどおりに、ちゃんとピッケ。
でも、組み立てに4時間! うぅ~ん、かかりすぎ。
足をまとめて1本に、胴体も四角く、鼻も五角に。
これで、まだ2時間超。(右から2番目)
せめて1時間を切りたい。
やっかいな足は、腕と同じ貼付け方式に。
立体鼻をあきらめて、代わりに、顔全体をふくらましてみた・・・。
おっ、いい感じ。 これで45分。やっと完成!(右端)

ぜひ つくってみてくださいね。
>> 「つくってあそぼう」ピッケのペパクラはこちら

ペパクラせいぞろい


ペパクラみみちゃん、まあくんも、
「つくってあそぼう」からできるようになりました!

Img071012_1
               3人そろったよ!

画面上で好きな色を塗ってプリントすると、
名前入り展開図が出力されます。

幼稚園くらいのお子さんだと、
自分で作りきるのは、ちょっと大変かもしれません。
難しいところは、手伝ってあげてくださいね。
急がば回れで、最初に鉄筆などで折れ線をつけると、作りやすいです。
胴体の肩のところや頭部を、立体にしていくのは、コツが要ります。
いっきに貼り付けてしまおうとせず、
のりしろひとつずつを、順番にくっつけていきます。
1箇所付けたら、押さえてしばし待つ・・・。で、次へ、と気長に。
木工ボンドを紙片に少し出して、つまようじの先につけながら使うと、
やりやすいです。
くっつきにくければ、内側からセロハンテープを貼って補強してもOK。

>> 「つくってあそぼう」ピッケのペパクラは こちら
>> ペパクラのつくりかた(pdf)は こちら

ママのアイディア


Img071011_1

とってもやわらかそうなピッケ人形。
まあちゃん(4歳)とゆうくん(7歳)のママの手作りです。
小さくなってしまったまあちゃんの服を再利用。
ちょうどTシャツの柄にあった「P」を、ピッケの「P」にあてたそう。

まあちゃんは、このピッケ人形が大のお気に入りで、
おでかけの時は、
背中にしょった小さなリュックに入れていくのですって。

着ていた服が、ぬいぐるみに。それもママ作。素敵です!

「みんなのひろば」のぞいてみてくださいね。

子どものアイディア


さんごくん新作。
自分の絵に、がんばるシートのシールをペタペタ。
花にも雲にも花火にも!笑顔が描いてあるのだけれど、
パパさんからのメッセージにあるように、
黒雲だけは、への字の口。
左端の実も、地面に落ちたのは丸い口。
描き(貼り)ながら、さんごくんの中に
いろんなお話が生まれてるのでしょうね。
すみずみ 楽しいです。

Img071009_1
  シールを使うアイディアに脱帽 さんごくん新作(部分)

ゆうすけくん&みどりちゃんは
作ったペパドルで、ごっこあそびをしてくれた模様。
このピッケ、色といい仕草といい、なんとも可愛い~です。

Img071009_2
  「うでや足を動かせるからたのしい」 ゆうすけくん(小2)

「みんなのひろば」のぞいてみてくださいね。

勝負は5分5分


「みんなのひろば」に登場してくれたけんたくん(小1)
をはじめ、男の子に人気があるのが、すごろく。

Img071007_1

家族ですごろく盤を囲むときって、
いちばん小さい子が負けそうになれば、ちょっとルールを
ゆるくして、手ごころ加えたりしますよね。
でも、ピッケのすごろくでは、子どもだからって手加減なし、
勝負はまさに5分と5分です。